30代の転職未経験者でしたが可愛らしい女性の転職エージェントに助けてもらいながら内定を獲得しました!

リクルート

どうも「ヒデ」と言います。ぼくの転職体験談を紹介したいと思います。

当時ぼくは都内の平凡なマーケティングの会社で働いていました。

仕事内容はマーケティング。具体的にはパンフレットやホームページの作成やら、イベントやセミナーの企画経営などなのですが、案件数が半端じゃない。

いつも終電夜遅くまで働き、会社にご奉仕する生活。もちろん土日出勤もありますが、手当てなんか出なかったです。

ぼくが就職したのは典型的な「ブラック企業」だったのです。

いつものように夜遅くまで残っていたある日、たまたま課長の給料明細を見つけてしまいました。驚くべきことに10年勤続していた課長の月収は僕と1万円ほどしか変わらなかったのです。

「やってられるか!こんな会社辞めてやる!」

せっかくゲットした正社員という身分。そのためヘトヘトになりながら6年間も耐えましたが、その日から転職を固く決意しました。

転職の仕方がわからない

ぼくは2浪して大学に入学しました。そんな訳で転職を始める頃には既に30代に突入していました。

転職活動は初めての経験で、壁にぶつかることが多かったです。ハローワークに魅力的な案件はないし、職務履歴書のつくり方もわからない。

オンラインで転職エージェントを探しても、いろんなエージェントがあり過ぎて、ぶっちゃけ何処に登録すれば良いか分からない。

とりあえず、業界大手と言われているリクルートエージェントに登録してみることにしました。

業界最大手のエージェントでの対応

リクルートエージェントは一言で表すなら、丁寧で親身という言葉が一番でしょう。

転職エージェントに連絡を入れると、すぐに対応してくれ面談の予定を組んでくれました。ぼくの住んでいる地域はギリギリ都内に通える範囲の郊外で、面接の際には少し遠出をすることになります。

それでも極力移動や交通費の負担がない場所を指定してもらえ、通いやすい環境を整えてくれたことに感謝しています。

面接は3回行い後はメールや電話でのやり取りといった形でした。面談をしてくれた人はとても可愛くて優しい女性の方で、少し身構えてしまっていた自分が恥ずかしくなります。

ぶっちゃけ「むしろ…この転職エージェントで働きたいかも!」なんて思ってしまいましたww

気になる面談の内容としては、これまでの私のキャリアの分析や転職後に志望する業界などの話が多かったです。

特にこのキャリアの分析なのですが、正直なところ転職願望を持ち始めてからもあまりイメージできてませんでした。

  • 自分の強みは何なのか
  • 何処でなら高い評価を得られるのか
  • 同じ業界で非ブラックなんてあるのか

そういう部分でずっと足踏みしていたのです。ところが転職エージェントの女性は…

  • 長年勤続一つの会社で勤続されていたこと自体が強みとなる
  • ITに力を入れている同業界などはどうか
  • 業績の良い企業なら労働者を酷使することはまれ

など具体的なアドバイスをくれました。また職務履歴書などの書き方についても教えてくれました。

非公開求人を教えてもらい特別感が味わえた

私の場合はマーケティングという特定分野での経験が長かったこともあり、非公開求人も教えて頂きました。

一般的な転職サイトには掲載されていないような案件で、しかもその会社の具体的な雰囲気や内情まで教えてくれます。

「この会社は社員の平均年齢が若い」
「この会社は残業が多い」
「この会社は体育会系で…」

とか、そうしたことも、ある程度教えてもらえました。自力で転職活動をしていたら、絶対に得られなかった情報です。

こうした沢山の恩恵を受けられたことで、私は自分の将来を冷静に考え志望する会社を決められました。

手厚い面接対策

紹介された求人の中から数社決めると、いよいよ採用試験に臨むことになります。ただこのときも、転職エージェントの女性は惜しみなく力を貸してくれました。

何とその会社専用の面接対策を施してくれ、何度も練習に付き合ってくれたのです。

過去の採用試験ではどういった質問が多かったか、どう答えれば正解なのか、まるで先に解答を見てから問題集に取り組むような感覚になりました。

結局合計で1ヶ月半ほど、転職エージェントの女性と二人三脚で頑張りました。

本番の面接では少し想定と違ったところはあったものの、概ねアドバイスを受けた通りに事が進みます。このおかげで結果を待つまでの間も自信を持って過ごせましたし、手応えも大きかったです。

採用通知は、面接から1週間後に届きました。喜んで転職エージェントに連絡をすると一緒に喜んでくれ、ホッとした気持ちも相まって込み上げるものもあった気がします。

サービス費用はどこから出ているのか?

実は給与面での交渉も、ある程度の希望を伝えると代わりにやってくれました。当然前の会社よりも良い条件を希望していたので、本当に助かったです。

やはり、ある程度経験の人材だと思える人でも、お金のことを直接会社に言うのは勇気が要ります。ですから採用試験前から話を通しておいてくれたことには、この上ない心強さを覚えました。

費用は、これだけお世話になっていて無料。どうやら報酬は私の転職先の会社から受け取るそうです。それを聞いて「しっかり裏切らない働きを見せなければ」と身が引き締まりました。

30代からの転職は、まったくの未経験だったので、最初は不安しかなかったです。

しかしリクルートエージェントと出会ったおかげで、経験のなさを埋めることができました。もし私と同じように転職活動で壁にぶつかっている人がいれば、是非活用してみてください。

⇒ リクルートエージェント公式サイト

コメント