いきなりステーキのメニューをまとめてみました | ステーキの種類と全国店舗一覧

サービス紹介

ステーキを、食べたい時に、食べたい量だけ、いきなり食べられるステーキ専門チェーン店「いきなり!ステーキ」。

名前の通り、空腹時に、いきなりステーキを楽めることから、一時期話題となりました。

レストラン、焼肉店、バーベキュー、そういった店に足を運んでも、先ずは肉以外の料理(前菜)が出てきて、メインディッシュである「肉」に辿り着くまでに、多少なりとも時間を要する。

「私は肉が食いたいのだ、早く肉出せ」
「じれったい、早くステーキやってこないかな?」

そんな風に思ったことがある人は、肉好きでなくてもいるはず。

そんな願望を叶えてくれるのが「いきなり!ステーキ」です。お腹がすいた時に、ふらっと寄って、いきなりステーキとほおばりワインを嗜む。

誰もが深層心理に持ってるかもしれない「肉早く食いたい」という願望。徹底的に無駄を省き最短でその目的を達成することが可能な店です。

そんな「いきなり!ステーキ」は、様々な肉のメニューがあり、全国・全世界に店舗を拡大しています。当ページでは、いきなりステーキの全メニューと全全国店舗一覧を紹介します。

いきなりステーキ! | メニュー&価格

空腹時に、速攻で肉を食たべたい量だけ注文できる。

それが、「いきなり!ステーキ」の特徴ですが、一応ミニマムオーダー(最低限注文しないといけない量)は決められています。

ミニマムオーダーは200gと300gの2種類、リブロースステーキは300gからの注文です。また「いきなり!ステーキ」には、全国共通メニューと店舗限定メニューもあります。

全国共通メニュー | 安い価格順

メニュー(肉) 価格(1g) ミニマムオーダー 300gの価格
ミドルリブステーキ 6.6円[税抜き] 200g 1,980円[税抜き]
リブロースステーキ 6.9円[税抜き] 300g 2,070円[税抜き]
トップリブステーキ 7.3円[税抜き] 200g 2,190円[税抜き]

店舗限定メニュー | 安い価格順

メニュー(肉) 価格(1g) ミニマムオーダー 300gの価格
Naruoブランド牛サーロインステーキ 8.2円[税抜き] 200g 2,460円[税抜き]
CABアンガス牛サーロインステーキ 8.2円[税抜き] 200g 2,460円[税抜き]
ヒレステーキ 9.0円[税抜き] 200g 2,700円[税抜き]
US産ヒレステーキ 12.0円[税抜き] 200g 3,600円[税抜き]
本格熟成国産牛サーロインステーキ 12.0円[税抜き] 200g 3,600円[税抜き]
本格熟成国産牛リブロースステーキ 12.0円[税抜き] 200g 3,600円[税抜き]
国産キロサ牧場牛サーロインステーキ 13.0円[税抜き] 200g 3,900円[税抜き]
黒毛和牛サーロインステーキ 18.0円[税抜き] 200g 5,400円[税抜き]

サイドメニュー

メニュー 価格
サラダ(レギュラーサイズ) 250円[税抜き]
サラダ(スモールサイズ) 180円[税抜き]
シーザーサラダ 350円[税抜き]
ブルーチーズソース(ドレッシング) 100円[税抜き]
スープ 180円[税抜き]
ライス 200円[税抜き]
ガーリックライス 200円[税抜き]

セットメニュー

メニュー 価格
ライス + スモールサラダセット 350円[税抜き]
スープ + スモールサラダセット 350円[税抜き]

ドリンクメニュー

メニュー 価格
コーラ 300円[税抜き]
コーラZERO 300円[税抜き]
炭酸水 300円[税抜き]
黒烏龍茶 300円[税抜き]
ノンアルコールビール 400円[税抜き]
生ビール 500円[税抜き]
グラス生ビール 270円[税抜き]
ハイボール 420円[税抜き]
グラスワイン(赤/白) 520円[税抜き]
ボトルワイン(赤/白) 2,600円~[税抜き]
BYO(Bring Your Own) 1,000円[税抜き]

いきなりステーキ! | ランチメニュー&価格

「いきなり!ステーキ」にはランチタイムもあります。ランチタイムには、1g売りのステーキメニュー以外にも、定量コースが注文できます。

メニュー 定量コース
リブロースステーキ 300g 2,070円 / 400g 2,760円 [税抜き]
トップリブステーキ 300g 2,190円[税抜き]
ミドルリブステーキ 300g 1,980円[税抜き]
ヒレステーキ 200g 1,800円 / 300g 2,700円[税抜き]
US産ヒレステーキ 200g 2,400円 / 300g 3,600円[税抜き]
Naruo サーロインステーキ 200g 1,640円 / 300g 2,460円[税抜き]
CABアンガスビーフ サーロインステーキ 200g 1,640円 / 300g 2,460円[税抜き]

これらが注文できるランチタイムは、店舗により若干の違いはあるものの、基本的に平日は3時まで。

しかし、ランチを延長していたり、土日祝日もランチをしている店舗もあります。

ランチを延長している店舗

新橋店 〒105-0004 東京都港区新橋3-14-1 冨誉ビル1F
池袋東口店 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-15-1 菱山ビル1F
大久保店 〒169-0072 東京都新宿区大久保1-5-13 櫻井ビル
あけぼのばし店 〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-19 尚山ビル
京急久里浜店 〒239-0831 神奈川県横須賀市久里浜4-6-18 フジビル1F
イオンモール多摩平の森店 〒191-0062 東京都日野市多摩平2丁目4−1 イオンモール多摩平の森1Fレストラン街
神谷町店 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-7 第一松坂ビル1F
石垣島店 〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里341-8
渋谷青山通り店 〒150-0002 東京都渋谷区澁谷 2-9-11
東香里店 〒573-0075 大阪府枚方市東香里3-3-13
アゼリアモール館林店 〒374-0004 群馬県館林市楠町3648-1 アゼリアモール館林 1階フードコート
浅草駅前店 〒111-0032 東京都台東区浅草1-33-10 オオノビル1階

土日祝日もランチを実施している店舗

吾妻橋店 〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋3-6-15
新橋店 〒105-0004 東京都港区新橋3-14-1 冨誉ビル1F
高田田馬場店 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-2-5 フレンドビル
虎ノ門店 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-16 虎ノ門中央ビル
大山店 〒173-0014 東京都板橋区大山東町58-1 福屋ビル
大久保店 〒169-0072 東京都新宿区大久保1-5-13 櫻井ビル
国立店 〒186-0002 東京都国立市東1-7-12 国立ジュディビル1F
晴海トリトンスクエア店 〒104-0053 東京都中央区晴海1-8-16 トリトンスクエアW棟
イオンモール津田沼店 〒275-0016 千葉県習志野市津田沼1-23-1 1Fフードコート内
イオンモール多摩平の森店 〒191-0062 東京都日野市多摩平2丁目4−1 イオンモール多摩平の森1Fレストラン街
神谷町店 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-7 第一松坂ビル1F
イオンモール神戸北店 〒651-1515 兵庫県神戸市北区上津台8-1-1 イオンモール神戸北3Fフードコート内
横浜元町店 〒231-0868 神奈川県横浜市中区石川町1-1 カーサ元町1階
東中野店 〒164-0003 〒164-0003 東京都中野区東中野3-1-1 寛栄ビル1階
イオンモール出雲店 〒693-0004 島根県出雲市渡橋町1066 イオンモール出雲3Fフードコート内
湯島店 〒113-0034 東京都文京区湯島3-35-9 渡邊ビル1F
イオンモール大和郡山店 〒639-1101 〒639-1101 奈良県大和郡山市下三橋町741 イオンモール大和郡山3Fフードコート内
イオンモール日の出店 〒190-0182 〒190-0182 東京都西多摩郡日の出町大字平井字三吉野桜木237-3 イオンモール日の出 専門店街1階 レストラン街
恵比寿店 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-7-4 Mビル恵比寿Ⅰ 1F
石垣島店 〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里341-8
イオンモールりんくう泉南店 〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜3-12 2階フードコート
東香里店 〒573-0075 大阪府枚方市東香里3-3-13

いきなりステーキ! | お持ち帰りと店舗一覧

他の店同様、「いきなり!ステーキ」では、ステーキの持ち帰りもできます。ただし持ち帰る際の焼き加減はミディアムのみレアで持ち帰ることはできないので注意が必要です。

基本的に持ち帰ることができるのは、ライスと肉のみ。サイドメニューの持ち帰りは不可です。食べきれなくて持ち帰ることも可能で、その際の容器は無料です。

「いきなり!ステーキ」は現在400店舗近くあります。日本の店舗一覧は以下のリンクより確認できます。

いきなりステーキ店舗一覧はこちら

実は「いきなり!ステーキ」は、海外アメリカでも7店舗の店を構えています。アメリカの店のパフォーマンスは芳しくないらしく、一部は業態変更の予定だそうです。

店舗一覧は以下はリンクより確認できます。

いきなりステーキ(アメリカ)の店舗一覧はこちら

いきなりステーキ! | なぜ成功したのか?

「いきなり!ステーキ」は、高級料理の代名詞であったステーキを、安く手軽に多くの人に食べてもらうのがコンセプトです。

実はステーキの原価は50%を超えているが、原価が50%を超える料理をサーブしている飲食店は非常に少ない。

いきなりステーキは、その原価の高さを立ち食いスタイルによる回転率で補っている店です。

つまり、利用客としては、「肉=ステーキ」という商品サービス以外の無駄を省いてサービス(肉)そのものを最大限に楽しめるステーキ屋さん、と言えます。

いきなり!ステーキ公式ホームページでは、お得なキャンペーンもやっています。気になる方はぜひウェブサイトの覗いてみて、試してみると良いかもしれませんね。

いきなりステーキ 公式サイト

コメント