アルバイトは体力と時間の無駄!30代ニート・無職が正社員から社会復帰を目指すべき理由と具体的方法!

転職論

30代ニート&無職、非常にネガティブなイメージを持つ言葉ですよね。

しかし30代になっても職歴がなかったり、アルバイト経験しかない人は相当数いて、その数は年々増えつつあります。

情報は少し古いですが、こちらが2017年までのニート(15歳~39歳の非労働参加者)の推移です。

「結局仕事をせず30代を迎えてしまった!」
「30代なのにまともな職歴がないヤバい!」
「すでに30代なのにバイト経験しかない!」

このような人は、もし真面目に社会復帰を考えているなら、登録派遣やアルバイトか社会復帰を目指すかもしれません。

しかし、実はアルバイトからの社会復帰は、正社員からの社会復帰よりもハードルが高いのが現状です。学生や主婦でもない限り、30代のアルバイトは体力と時間の無駄です。

今回は、その理由と30代ニートが正社員から社会復帰を目指すべき理由・方法について案内します。

アルバイトは精神・体力が削り取られる

学生・主婦ではない30代は、普通のアルバイトをはじめると非常にネガティブな思考に陥ってしまいます。

普通30代ともなれば、アルバイトの中でも高齢な部類に入ります。そのため、他の若者・学生・主婦と比べて、自分は負け組だという感情を植え付けられてしまうのです。

日本は特に男性の高齢フリーターに風当たりが厳しい現状があります。

仮にアルバイトをはじめて仕事をし始めても、同僚の学生バイト・主婦バイトから「良い年してバイトかよ(笑)」「こいつ典型的な負け組じゃんww」と思われてしまうのが現実です。

そのため、生きるための日銭を稼いでいるだけなのに、どんどん性格は卑屈になっていき、ニート・無職に逆戻りになってしまうのです。

しかも所詮アルバイトなので職歴にもならない。精神的に疲れるだけではなく職歴にもならない。

30代ニート・無職にとって、アルバイトは時間の無駄以外の何物でもありません。

30代ニート・無職でも正社員は目指せる

先述のような現状はあれど、ここを読んでいる貴方が30代ニート・無職なら、こう思うかもしれませんよね?

「30代でニート(無職)なのに、いきなり正社員なんて無理だ!」

しかし既に30代なら、アルバイトで時間をつぶすより、正社員のポストを探した方がよほど現実的です。

世間は、いかに正社員が崇高で素晴らしい存在であるか、仕事は辛いことであり大変な事であるか、を煽っています。

なので一見すると「正社員=一部の特権階級」と思いがちですが、現在日本の企業は少子化のため人手不足。

日本人は選り好みして仕事を選ぶので、外国人労働者を雇う必要があるほど、人手不足の会社も数多くあります。

労働力が足りなくなれば、ふつう就職・転職は売り手市場となり「労働者>雇用者」という関係になるはずです。しかし日本では教育で植え付けられた上下関係主義や日本政府(自民党)の計らいにより、いまだに「労働者<雇用者」キャンペーンをしているのが現状です。

しかし実際には、日本の企業は猫の手も借りたいほど人手不足。そのため政府が外国人労働者ビザを緩和することになったのです。

人手不足の産業を目指そう

企業は人手不足とはいえ、誰もが羨む業界での正社員を目指すのは無理があります。

そこで、企業が労働力を渇望している人手不足の業界・職業を狙って「正社員」として転職することをオススメします。

現在日本で人手不足と言われている業界には「建設」「土木」「介護」「タクシー」などが挙げられます。

「建設」「土木」関係の会社は、典型的な肉体労働で同僚も強面が多いので、元ニート・無職には不向き。30代ニート・無職が正社員を目指すなら、「介護」「タクシー」業界をオススメします。

介護職で正社員になる

「老人の世話なんかしたくない」
「精神的にきついと聞くから嫌だ」

なんて思うかもしれませんが、誰もが嫌がる仕事だからこそ可能性があります。介護はきつくても「人の役に立っている」という実感をつかむことはできます。

また、高齢化社会に伴い介護が必要なお年寄りは確実に増えるにも関わらず売り手市場なのが介護職の特徴です。

30代ニート・無職と言っても、まだまだ5体満足で身体が動くようなら、介護職に絞って転職活動すると「正社員」になれる確率は上がります。

介護職は資格がなくても働きながらホームヘルパーなどの資格を取得して、キャリアアップしていくパターンが多いです。

転職する段階では資格の有無は問われず、やる気次第と言えるでしょう。人手不足で介護職に特化した転職サイトもあり、毎日案件がどんどん増えていっています。

介護専門求人サイト | かいご畑

タクシードライバーで正社員になる

「介護」と並んで売り手市場なのが「タクシー業界」です。

タクシー運転手は、給料も安くリストラされた人が仕方なく就職している感じで、ネガティブなイメージがあります。

ついでに、客がワガママで労働時間が長く不規則で、ネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれません。

たしかに態度の悪い客もいますし、終電を逃した人を狙った深夜ドライブの必要もあるでしょう。

しかし、そんなタクシードライバーの給料は、意外に悪くない事をご存知でしょうか?

タクシー運転手は薄給なのか!?タクシードライバーでも転職して稼ぐ方法とは?
タクシーの利用料は高いのに、タクシー運転手の給料はすごく低い。そんなイメージを持っていませんか。 たしかにタクシー運転手は、リストラされた人が仕方なく就職している感じで、中高年男性の受け皿になっています。 「客がワガママ」「給料が安い」「労働時間が...

転職エージェントを利用して就職しよう

30代ニート・無職が正社員として社会復帰しやすい業界(介護・タクシー)を紹介しましたが、絶賛人手不足中の日本企業。その気になれば、他業界での正社員就職も狙えます。

「業界は決めてないけど、正社員就職したい!」
「とにかく正社員就職するために相談したい!」

という方はハローワークが頭に思い浮かぶかもしれませんが、ハローワークは粗悪な求人が多くオススメできません。正社員就職を目指すなら、転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントとは、求人募集企業と求職者のマッチングしているサービスのこと。登録すると転職に関する相談に乗ってもらえます。ほんとんどの場合は…

ウェブサイトから登録

↓ ↓ ↓

電話・メールでの面談日程調整

↓ ↓ ↓

来社して面談・カウンセリング

↓ ↓ ↓

エージェントから求人の紹介

↓ ↓ ↓

(あなたの希望に添うなら)求人募集企業との面接!

という流れになります。

日本にはこのような転職エージェントが星の数多くあり、なかでも2大手はリクルートエージェントDODA(デューダ)です。

リクルートエージェント

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

リクルートエージェント公式サイト

DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する日本最大級のエージェントサービス。ドゥーダの他にも、インテリジェンスは様々な業種に特化した転職サイトやアルバイト・パートの求人情報an、女性向けの求人情報salidaなど求職者のニーズに合わせた幅広い人材紹介サービスを展開している。

DODA(デューダ)公式サイト

リクルートエージェントもデューダも保有する求人数は全国で10万件前後。第二新卒から幅広い年齢層までの転職に対応しています。大手の関連会社など安定した求人を多数かかえています。

紹介料がそれなりに掛かってくる大手2社に広告を出せる企業は、それなりに財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

また、それだけ紹介料を出しているということは、それだけ投資して本気で良い人材を探しているということ。

就職すれば手厚い待遇、長期的なキャリアを見据えて向かい入れてくれるところも少なくないいです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップみ見込めます。

一方、職業安定所(ハローワーク)は広告コストが無料なので、できるだけ安く人材を使い捨てるつもりで利用しているブラック企業も少なくないです。

求人誌も、大手の転職エージェントに比べて広告費用が安いので、低品質な求人が多いです。

大手の転職エージェントでは、そういった質の悪い求人が少なく優良案件が多いので、安心して利用できます。

案件数が豊富で、エージェントも厳選してくれるので、自分の意向を伝えれば、納得のいく求人が見つかる可能性が高まります。

しかし、転職エージェントのカウンセラーも人間です。大手といっても担当者の性格や質も人それぞれです。よい担当者に当たることもあれば、これは外れだ、という人に当たることもあるでしょう。

もし、イマイチという担当者に当たったら、別のエージェントに当たってみるのもよいです。大手の転職エージェントは、その道のプロです。しかし、すべての転職エージェントの担当者が、あなたに合うとは限りません。

ダメなものはダメだと割り切って、別エージェントに乗り換える思い切りも時には必要。大切な事は、上手にサービスを利用することです。

私も大手二社に登録していた際に、一方の動きが早くもう一方はレスポンスが遅かったので、親身に素早い対応をしてくれる一方に絞った経験があります。

しかし担当者によっては逆も然りでしょう。そのため、大手二社に登録して、自分にとって使いやすそうな一方に絞る使い方をするのがベストです。

RECRUIT AGENTI(リクルートエージェント)とDODA(デューダ)に登録するには、公式サイトに行って情報を入力するだけ。

その後は、ほったらかしにしていても、向こうからメールなり電話なりで連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

そして、カウンセリングをしてどんな職種に興味があるのか伝えて後日、意向に合わせた求人のオファーがメールなどで送られてきます。

一旦登録をしてカウンセリングを受けてしまえば、自動的に求人情報が送られてくるので、求人を探して応募する手間が省けます。

少しでも転職を考えているのなら、登録してみることをオススメします。登録と利用は、最初から最後まで完全無料です。

> リクルートエージェント公式サイト
> DODA(デューダ)公式サイト

コメント