リクルート

外資系を目指していた私が転職エージェントのアドバイスで内定を連続でもらう事ができました!

外資系企業で働いています「ルリカ」です。私が外資系企業の内定を勝ち取るための経験を話したいと思います。 私は大学を卒業したあと一般的な日系企業に正社員として就職しました。しかし大学在学中に留学経...
リクルート

塾講師から転職して予備校の事務職の内定を勝ち取ることができました!

どうも!予備校の事務として働いています「カズヤ」です。 私は大学が教育学部だったこともあり、当時は進学塾でアルバイトをしていました。子どもが好きだし勉強を教えることも好きだったので、卒業後もその...
リクルート

シングルマザーになった私が転職エージェントを利用して事務職の正社員になれました!

はじめまして、関西で事務職の正社員として働くシングルマザーの「ユミ」と言います。 私は24歳の時に結婚をしました。当時は短大を卒業して4年間は地元の企業の事務職として正社員で働いていました。 ...
リクルート

30代の転職未経験者でしたが可愛らしい女性の転職エージェントに助けてもらいながら内定を獲得しました!

どうも「ヒデ」と言います。ぼくの転職体験談を紹介したいと思います。 当時ぼくは都内の平凡なマーケティングの会社で働いていました。 仕事内容はマーケティング。具体的にはパンフレットやホームペ...
リクルート

未経験でWEBデザイナーなるには。何度も書類選考で落とされた私が内定を得た理由とは…

はじめまして、体験談を書きます28歳の「ミク」と申します。 私は学生時代からクリエイティブな職に就きたいと考えていました。しかし受かった大学は第一志望の経済学部と、第三希望のデザイン学部。 ...
リクルート

新卒社員は就職活動で失敗する!その最大の理由は企業ブランドや企業規模のみに着目してしまうから!

人生でたった一度だけ利用可能な「新卒カード」。これに失敗したら人生負け組になって将来はジリ貧化する。絶対に失敗は許されない。何としてでも大企業に就職せねば! いわゆるフレッシュマンと呼ばれる大学の新卒組は、就職する会社を企業ブランドや企業規模で選択しがちです。 そりゃそうですよね。大企業の下請けや孫請けなんてダサいですし、待遇だって絶対に一部上場の大企業が言いにきまってる。ベンチャー企業がいいとか聞きますが、数がありすぎてどこを選べばよいか分からない。 「大企業が将来は安泰そうで安心できる」 特にリスクをとるのを嫌がる最近の若い人(新卒組)であれば「企業規模」を選ぶのは当然といえば当然。 しかし、会社の商品やサービスのユーザーとなる視点を欠いていたり、自己分析を怠っていると入社後に後悔するかもしれません。 たとえば学校で体育会系、オタク系、リア充系などいろんなカラーに分かれており、それぞれ独自の雰囲気を持ってますよね。会社でもこのようなカラーは存在します。
ライフハック

結婚は人生の墓場!?負け組サラリーマンのために用意される「人材の墓場」とは…

「結婚は人生の墓場」なんていうセリフを目にしたことないですか? よく「日本の終身雇用はオワコン」とか言われてますが、それもそのはず。日本では、企業が正社員を雇ったら、ちょっとやそっとの事では解雇できない。そう法律で決まってるんです。 それでも20~30代前半とまだ若いなら、上手く転職すれば、やり直しは十分可能。しかし40~50代ともなるとそうはいかないですよね。 おまけに結婚していて、嫁や子どもがいたら、なんとしてでも会社にしがみつく必要がある。絵に描いたような地獄絵図が待ってるわけです。 会社側としても、正社員は簡単には辞めさせることができない。そこで、余裕のある大企業は、仕事のできない人材を特定部署「人材の墓場」に集め実質「飼い殺し」状態にする。 まさに島流し。使えない人材の流刑地ともいえるし、それでも解雇しない偽善的な処置とも言えますね。 しかし何故、日本だけでこのような事が起こるのでしょうか?
リクルート

職歴・社会人経験1年未満でも正社員として転職できる?早期退職者が上手に転職するコツとは?

苦労して就活して内定をゲットしても、新卒社員の3割が3年で辞める…なんて事よく言われます。学歴や実力よりも経験年数で判断される日本では1年未満で離職すると次の転職で非常に不利になります。 3年以...