すぐ取り組めるオススメの副業10選
詳細はこちら
リクルート

少しでも転職を考えていたら転職エージェントに登録すべき理由。無料で転職のプロからアドバイスをもらおう!

「長年勤続しているけど給料が全く上がらない」 「キャリアチェンジをしたいが上手くいくか不安」 「待遇に不満はないが仕事内容に興味が持てない」 こんな風に転職するか悩んでいるが、一歩踏み出せない人は非常に多い。特に新卒カードをフルに活用して得た正社員の...
ライフハック

鬱病による退職ならすぐに失業保険が給付されるのか?ハローワークでの失業保険の具体的な申請方法について!

鬱病なら自己都合退職であっても直ぐに失業保険が給付される。その申請の際に必要な書類は「離職票」「診断書」だけです。 離職票の入手方法 離職票は退職者が、失業保険を申請するために、ハローワークに提出する大切な書類です。 通常は会社から送られてくるものなので手間は掛かりません。離職票の発行は退職後10日以内が目安ですが、相手がブラック企業なら、送付が遅れることがあります。 しかし離職票の送付は会社の義務です。必要な場合は、会社に督促メールを送って問題ありません。 診断書の入手方法 日本の人口の大半が鬱病で、そのうちの8割が「自分は鬱病じゃない!」と思っています。つまり、鬱であっても精神科に行くことを拒否する層が多いんですよね。 確かに鬱病は、カウンセリングを受けなかったり、薬を飲まなくても、半年ほどで治まることがあります。ですが治療中に失業保険が切れてしまったりすると、ますます精神的に追い詰められてしまい、治るものも治らなくなります。 鬱病の診断書さえあれば、自己都合退職の3カ月間の待期期間もなく、即効で失業保険の給付を受け始めることができます。 そのうえ、給付期間を終えても完治していなければ、給付を延長することもできます。その手続きのためにも診断書が必要なのです。この延長のためには、障碍者手帳を発行してもらう条件がありますが、保健所によって違いがあります。すべての条件を満たせば最大300日まで給付を延長できます。 このような手続きの準備をするためにも、少しでも症状が出てきたと思ったら精神科に行くことをオススメします。
リクルート

同じ職場に気の合う同僚がいない!人間関係の悩みが原因で転職するのは甘えか?

「べつに仕事や待遇に不満はないけど、気の合う同僚がいないので転職したい!」 こういった理由で転職する事をどう思いますか? 恐らく、贅沢だ!甘えだ!後悔するぞ!なんていう人が多いんじゃないでしょうか。 しかし私は、転職理由が「新しい出会い」でも構わないと思います。 そりゃあ、養うべき家族がいる場合は話が別ですが、仕事に不満はないけど仲のよい同僚ができない、つまらない。こういう悩みって、転勤族だったり趣味仲間のいない人にとっては、よくある事だと思うんです。
リクルート

非正規での職歴も経験年数となるのか?経理を目指す場合に契約社員で経験を積むことの有効性!

未経験で専門職、たとえば経理になりたい場合、どうしても引っかかってしまうのが経験年数。たとえば「経理の年数3年以上」などの条件です。 簿記などの資格を持っていても、二の足を踏むでしまいますよね。やはり未経験では転職市場ではなかなか評価されにくいもんです。...
リクルート

中途半端な留学経験は転職の邪魔!ワーホリの後は就職活動に失敗する?

グローバル化が叫ばれる昨今の日本。外国語や海外生活に興味があり、社会人になってから海外留学やワーキングホリーデーに行こうと思っている人は多いです。 確かに海外留学やワーキングホリデーでは、今までの日本の価値観に縛られない多様な経験ができます。窮屈な日本の生活から一転して充実した生活ができる人がほとんどでしょう。 しかし、留学にはお金がかかります。フィリピンやマレーシアのアジア諸国でも1年間留学しようと思えば100万円。イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの英語圏なら少なくとも250万円は覚悟しておいた方がよいでしょう。 また留学したからといって、帰国後の就職が必ず有利になるとも限りません。留学の期間や内容によっては、時間とお金をたくさん使ったにも関わらず、帰国後の就職にデメリットだらけになる、という事も少なくないです。 今回は社会人になって短期留学する際の注意点、帰国後の就職活動の仕方などについて詳しく述べていきます。