中途半端な留学経験は転職の邪魔!ワーホリの後は就職活動に失敗する?

転職論

グローバル化が叫ばれる昨今の日本、外国語や海外生活に興味があり、社会人になってから海外留学やワーキングホリーデーに行こうと思っている人は多い。

海外留学やワーホリでは、今までの日本の価値観に縛られない多様な経験ができる。窮屈な日本の生活から一転して充実した生活ができる人がほとんどだろう。

しかし、留学には金がかかる

フィリピンやマレーシアのアジア諸国でも1年間留学しようと思えば100万円。イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの英語圏なら少なくとも250万円は覚悟しておいた方がよい。

また、留学したからといって帰国後の就職が必ず有利になるとも限りない。

留学の期間や内容によっては、時間とお金をたくさん使ったにも関わらず、帰国後の就職にデメリットだらけになる事もすくなくない。

社会人になって短期留学する際の注意点、帰国後の就職活動の仕方などについて詳しく述べていきます。

具体的な目標を持つ

「留学すれば語学ができるようになるはず!」
「企業から引っ張りだこになるに違いない!」

そんな風に思っている人は多いかもしれない。しかし企業が求めている人材は、TOEIC730点以上の人や、実践的な会話ができる人に限られる。

留学して多様な価値観を学んだ!なんていう薄っぺらい動機が通じるのは新卒時くらいまで。

留学するのであれば…

  • TOEIC870点以上取る
  • IELTS7.0以上取る
  • 欧米人と商談ができるようになる

などの具体的な目標を持った方がよい。

1年以内の短期の留学を終えてきて、TOEICも中途半端な点数、日常会話もおぼつかない、といった人もいます。

そんな人が面接で「多様な価値観・・云々」といったところで説得力がなく「海外で遊んできたんだな」と思われるのが関の山。

留学中はついつい羽目を外して遊んでしまいがちになります。

せっかく英語圏に留学しているのに、日本から来た留学生と遊びに行く毎日を送り語学学校の外では日本語ばかりを使う…そんな生活を続けた結果、帰国する直前になっても英語が話せない。そんな例は少なくありません。

留学するのであれば具体的な目標をもった上で、現地でもできるだけ意識の低い日本人の人と関わるのは避けた方がよいです。

数字に残る結果を出す

ワーホリや留学に行く際には、目標をもって努力するのみではなく結果を出さないと意味がありません。

いくら意識を高くもって留学中に努力したとしても結果が伴わないのであれば時間の無駄。帰国後の就職活動の面接官にとっては留学期間は「ただの空白の期間」になります。

それどころか…「留学してきた」「他の世界を見てきた」という思いだけが、あなた自身をつけ上がらせる、組織に馴染めない面倒くさいだけの人材になることもある。よく言う「バカホリ」というやつです。

海外で英語を学ぶのであれば、最低TOEIC700点、IELTS5.5くらいは確保しておきたいです。こういった英語資格試験を海外で受ける場合は日本よりも高い場合が多いです。

留学中も常に資格試験で高得点が取れるような努力をしておいた方がよいです。

語学学校や日常生活で英語コミュニケーションを磨くのと、TOEICやIELTSで高得点がの取れる能力は別物だから。

特に帰国後に外資系企業を狙うのであれば、TOEIC750点、IELTS6.0以上は欲しいです。逆に言えば、この基準をクリアしていれば外資系も狙えるということ

そのためにも目標は高めに持って、留学後に後悔することがないように気をつけましょう。

留学経験者歓迎の会社に応募する

これまでワーホリや留学についてのマイナス面ばかり述べてきましたが良い面もあります。

やはり海外を見てきたという経験は人を引き付けるもの。

もし採用側が積極的な留学経験者を求めるようであれば、留学してきたという事実だけでも、アピールポイントとなるでしょう。

このような形で留学経験をアピールするには、留学エージェントや訪日外国人を相手にしている旅行エージェントなど、留学経験者を歓迎している企業を狙うとよいです

たとえ留学で胸の張れる結果が残せなくとも、現地に行って学校で学んできた経験というのは、これから留学しようとしている人にとっては貴重なもの。

得てしてこういう企業の待遇はあまりよくないものですが、いったん留学経験者と相性の良い会社で働いて職歴のブランクを埋めて、本命に当たるという手もありです。

海外と取引のある企業なら、特に職種が営業などの人材を求めている場合、海外出張は必須。

中国やインドなどのアジア諸国もそつなく出張に出かけることができるタフさを持ち合わせているか。などもアジアで留学してきた人ならアピールポイントとなるでしょう。

現地の大学で勉強する

どうせワーホリや留学などをするのなら、思い切って2年程度通って学位や修士などを取ってしまうのも良いかもしれません。特にオーストラリアやイギリスなどであれば、1~2年程度で修士を取得できるコースもあります。

英語はあくまでコミュニケーションのツール。

実際に英語を使って学問を学ぶことで、本物の英語が身につきますし、学校に通いながら現地で働くことで実践的な英語を身に着けることもできます。

海外の学位や修士を取得した人材は希少性が高く、特に名のある大学を出ているようであれば、企業から引く手あまたとなり、転職がしやすくなることは間違いないです。

海外就職を目指す

海外生活には向き不向きがありますが、現地に住んでしまえば愛着が湧き、長期滞在したくなる人も少なくありません。特に海外の生活や仕事はゆるく、労働環境のみで考えるならば、日本よりひどい国を探す方が難しいです。

現在は国際化にともない、多くの日系企業が海外に進出しています。

特にタックスヘイブンと呼ばれる香港やシンガポールなどの国には、節税の面で大きなメリットが享受できる大企業が進出しています。そのような海外案件を多数取り扱っている人材エージェントもあります。

もちろん長期的な目標をどう設定するかにもよりますが、納得がいくようであれば、留学中に現地で就活をして就職してしまうというのも大いにアリです。

また一旦は帰国して、人材エージェントを活用して海外就職を実現する人も少なくないです。

留学するなら計画的に

私自身が海外留学、海外就職を経験したことから、留学中の注意点や帰国後の就職活動などについて書いてみました。

ワーホリや留学に関するネガティブなことも書きましたが、海外生活での生活は日本では味わえない刺激的で楽しいものであると言えます。

社会人になってから留学を考える場合、キャリアや収入の面など大きな決断が迫られますが、大学生の場合はそういったデメリットはないです。

是非できるだけ若いうちに海外に足を運んでみることをオススメします。

すでに社会人になっている人も、どうしてもワーホリや短期留学などに行きたいのであれば、その後の進路をしっかり見据えて準備をしていけば、それほど恐れることはないです。

むしろ、今働いている会社の将来は大丈夫かどうか。そういった事を見据えて、手に職をつけ、そのうえで語学力も得ることができれば、鬼に金棒をいえます。

近年は日系企業の国際化に伴い、海外慣れしている人材を欲している企業も少なくないです。

しかし、留学経験済みの人材が活躍できる企業を探すにはどうすれば良いのか。そういった企業を効率よく探すためには、転職エージェントを利用する事をオススメします。

留学エージェントを利用しよう

日本には星の数ほど留学エージェントがあります。留学するとなると、どこのエージェントを使えば良いのか、ほとんどの人が悩むでしょう。

どこを利用しようか迷ったら、とにかく利用者が多く、提携国が多い、大手の留学エージェントを利用することをオススメします。

最も提携国が多く利用者も多い、日本最大規模の留学エージェントは、School With(スクールウィズ)です。


School With 公式サイト

大手の留学エージェントでも提携国はせいぜい20数か国前後ですが、School Withの提携国は32か国もあります。英語圏の国は多少マイナーな国でもあっても全てカバーしています。

フィリピン 、アメリカ 、カナダ、オーストラリア、イギリス 、ニュージーランド 、アイルランド、マルタ、中国、台湾、香港、ドイツ、フランス、韓国、タイ、スペイン、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インド、フィジー、ロシア、イタリア、南アフリカ共和国、ベルギー オーストリア、スイス、アラブ首長国連邦、アルゼンチン共和国、コスタリカ共和国、インドネシア、メキシコ合衆国

留学する人が増えてきたとはいえ、未だに全人口に比べて留学する人はすくなく、留学情報というのは見つけるのが難しいです。

しかし、School Withは利用者が多く、留学生による最新のカリキュラムや口コミの情報も日々蓄積されています。そのため、ほしい情報は見つかったが数年前の情報で古すぎる、という事態を避けることができます。

メディア掲載実績も多数で、留学ブログのコンテンツも非常に充実しています。

すこしでも留学を考えている人は、ブログだけでも読んでみることをオススメします。

School With(スクールウィズ)公式サイト

コメント