すぐ取り組めるオススメの副業10選
詳細はこちら

「仕事を辞めたい」「仕事に行きたくない」と思ったら考えるべきこと。続けるべきか辞めるべきかの判断基準について…

ライフハック

辛いから仕事を辞めたい。だけど後の事を考えると、退職を考えていることを打ち明ける勇気が出てこない。たとえば…

「打ち明けたあとの上司の反応が怖い」
「同僚に迷惑をかけそうで申し訳ない」
「打ち明けたあと周りの対応が冷たくなりそう」

なんて思うことよくありますよね。特に月曜日は繁忙期。仕事のミスをした時なら尚更。

しかし、人生のなかで仕事は大きなウェイトをしめるもの。それがストレスになると、大変なことになります。その結果がよくある「うつ病」です。

仮に少しの勇気をもって退職の意思を示したとしても。

「大丈夫、仕事に慣れていないだけだよ」
「今がつらい時。乗り越えれば楽になる」
「頑張れよ、入社したばかりじゃないか」

なんて引き留められるかもしれません。

しかし「仕事に行きたくない!」という悩みの深刻さは本人にしか分からないものです。

現状に耐えるべきなのか、転職をして環境を変えるべきなのか、退職をして休息をとるべきなのか。そういった判断は本人にしかできないのです。

とはいえ、経済的な問題もありますし簡単には決断できないですよね。

そこで本稿では、あなたが「仕事に行きたくない」「会社を辞めたい」と思った時に役立つ考え方と心構えを紹介します。

迷惑が掛かるなんて考える必要ない

海外に出れば実感できますが、日本人は異常にワーカホリックで責任感が強い国民性を持っています。これは集団主義的な日本の教育が原因で、その根本には「他人に迷惑をかけてはいけない」という考え方があります。

子どものころ親や学校の先生に「周りの人に迷惑を掛けたらダメだよ」なんて言われたこと、誰しもありますよね。日本人はみんなそう言われて育ちます。

しかし、たとえばインドの場合だと、その真逆だということ知っていますか?

日本人が「周りの人に迷惑を掛けたらダメだよ」と言われ育つ一方で、インド人は「貴方は周りに迷惑をかけながら生きるのだから、周りに迷惑をかけられても我慢できるようになりなさい」と言われ教育されます。

今まで誰かが辞めた時は、あなたも会社のメンバーの一人として、辞めた人の分をカバーしてきたわけです。「貴方だけが辞めてはいけない」という理由なんて何一つないです。仮に貴方が在職中だれも辞めていなかったとしも、耐えるべきは貴方の同僚。

なので、もし少しでも「辞めたい」と思っているのであれば思い切って辞めてください。そして、今後は転職先で退職する人を責めたりしないような人間性を持つとよいでしょう

それに、辞めたい気持ちが強い場合は単純に怠けたいという理由ではなく、仕事に大きなストレスの原因がある場合が多いです。

その場合は、根本的なストレスの原因である仕事(職場環境や仕事内容)を変えないかぎり、改善の希望はないです。放っておくとうつ病にもなって症状が悪化してしまいます。

うつ病になったら

もし無理な我慢を続けて症状が悪化したら、身体がうまく動かない、嘔吐してしまう、…などの拒否反応が出てきます。

さらに症状が悪化すると、ベッドから起き上がれないという状態になり、この段階まで行くと療養生活を余儀なくされます

もし、うつ病になったら、短くても治療には半年かかります。そうなると再就職するにせよ、大きな遅れをとることは間違いないです。

また気分的にも最悪の無気力状態になり、リストカットなどの自傷行為や、ひどい場合は自殺未遂などもしてしまいます。

「仕事を辞めたい」と思うのは、うつ病の始まりのサイン。早い段階で自己分析を行い、うつの前兆である場合は、病院に行く、休暇を取る、退職する…などの対策を取る必要があります。

うつ病の判断基準は

とはいえ、うつ病の前兆であるかどうかの判断基準に迷いますよね。

たとえば、会社の同僚や友人に話をしたり愚痴をこぼしたりした。そして気分がすっきりして、その後は気にせず業務に集中できる。帰宅したあとも自分の好きなこと(趣味)などに打ち込める。

そういった場合は、うつ病とは関係なく、単なるストレスで愚痴が溜まっていただけだと考えることができます。

仕事をそのまま続けて、上手にこなすようにできるようになっていけば、業務に関する負担も減るでしょうし、昇給や昇進も望めるでしょう。仕事を続ける価値はあります。

しかし友人に話をしたり愚痴をこぼしたり、趣味などに打ち込んでも、日に日に気が落ち込んく…というのであれば赤信号です

ストレスが解消されずそのまま蓄積されていくのなら、すみやかに病院を受診して、専門的な助言を仰ぐことをオススメします。

退職の決意は曲げないこと

うつ病の前兆であると判断して、病院で診断を受けた。そして上司に退職の旨を報告しても、引きとめられるかもしれません。

ですが上司は、管理職としてのパフォーマンスに影響するため、退職されては困る…という利己的な理由で引き留めようとしているだけかもしれません。

最も大切なのは、あなた自身の幸せと健康です

ここで立ち止まってしまったら結局もとの環境から脱出できず、身体を心を壊してしまうかもしれません。

一度決意したことは、他人に振り回されず、突き通すようにしましょう。

今まで仕事を辞めたことがない人にとっては、退職は勇気がいる事ですが、一度経験してしまえば何てことはないです。

日本の終身雇用制度もほとんど崩壊しています。今後はフレキシブルに職を乗り換えるスキルが必要になってきます。退職した経験がある人と退職した経験がない人では、その後の人生に大きな違いが出てくるでしょう

とはいえ、「退職するといっても、その後の具体的なことがイメージできない」という人もいるかもしれません。

そんな時はネットで情報を検索してみると良いでしょう。当サイトでも会社を辞めて転職した人の体験談を載せています。ぜひ参考にしてください。

http://antenna.asia/category/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%AB%87/

他人に迷惑をかける事を嫌う日本でも、結構かんたんに転職していることが分かります。

退職後にすべきこと

さて、辞めると言っても、退職が初めてなら、仕事を辞めたあとの手続きに迷いますよね。先ず退職したあとは、失業保険を受給する必要があります

鬱病による退職ならすぐに失業保険が給付されるのか?ハローワークでの失業保険の具体的な申請方法について!
鬱病なら自己都合退職であっても直ぐに失業保険が給付される。その申請の際に必要な書類は「離職票」「診断書」だけです。 離職票の入手方法 離職票は退職者が、失業保険を申請するために、ハローワークに提出する大切な書類です。 通常は会社から送られてくるものなので手間は掛かりません。離職票の発行は退職後10日以内が目安ですが、相手がブラック企業なら、送付が遅れることがあります。 しかし離職票の送付は会社の義務です。必要な場合は、会社に督促メールを送って問題ありません。 診断書の入手方法 日本の人口の大半が鬱病で、そのうちの8割が「自分は鬱病じゃない!」と思っています。つまり、鬱であっても精神科に行くことを拒否する層が多いんですよね。 確かに鬱病は、カウンセリングを受けなかったり、薬を飲まなくても、半年ほどで治まることがあります。ですが治療中に失業保険が切れてしまったりすると、ますます精神的に追い詰められてしまい、治るものも治らなくなります。 鬱病の診断書さえあれば、自己都合退職の3カ月間の待期期間もなく、即効で失業保険の給付を受け始めることができます。 そのうえ、給付期間を終えても完治していなければ、給付を延長することもできます。その手続きのためにも診断書が必要なのです。この延長のためには、障碍者手帳を発行してもらう条件がありますが、保健所によって違いがあります。すべての条件を満たせば最大300日まで給付を延長できます。 このような手続きの準備をするためにも、少しでも症状が出てきたと思ったら精神科に行くことをオススメします。

なんだかんだ言っても金は必要。うつ病の人は病気が回復したあと、そうではない人は失業保険が給付されたあと、仕事に復帰する必要がありますよね。

また失業中にも、失業保険を受給するためには、転職活動やってるアピールはする必要があります

そこで転職のための準備として、転職エージェントに登録しておくことをオススメします。転職エージェントとは、転職を希望者に対して、転職活動のサポートを行う会社や担当者のこと。

日本には星の数ほど転職エージェントがあります。きっと転職経験のない人は、どこを利用すれば良いのか悩むでしょう。

どこに登録しようか迷ったら、先ずは業界トップの2社を検討することをオススメします。

リクルートエージェント

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

リクルートエージェント公式サイト

DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する日本最大級のエージェントサービス。ドゥーダの他にも、インテリジェンスは様々な業種に特化した転職サイトやアルバイト・パートの求人情報an、女性向けの求人情報salidaなど求職者のニーズに合わせた幅広い人材紹介サービスを展開しています。

DODA(デューダ)公式サイト

リクルートエージェントもデューダも保有する求人数は全国で10万件前後。第二新卒から幅広い年齢層までの転職に対応しています。大手の関連会社など安定した求人を多数かかえています。

紹介料がそれなりに掛かってくる大手2社に広告を出せる企業は、それなりに財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

また、それだけ紹介料を出しているということは、それだけ投資して本気で良い人材を探しているということ。就職すれば手厚い待遇、長期的なキャリアを見据えて向かい入れてくれるところも少なくないいです

一方、職業安定所(ハローワーク)は広告コストが無料なので、できるだけ安く人材を使い捨てるつもりで利用しているブラック企業も少なくないです。求人誌も、大手の転職エージェントに比べて広告費用が安いので、低品質な求人が多いです。

大手の転職エージェントでは、そういった質の悪い求人が少なく優良案件が多いので、安心して利用できますね。カウンセラーに相談しながら自分に合った職のアドバイスなどもしてくれる点もよいです。

案件数が豊富で、エージェントも厳選してくれるので、自分の意向を伝えれば、納得のいく求人が見つかる可能性が高まります。

しかし、転職エージェントのカウンセラーも人間。大手といっても担当者の性格や質も人それぞれです。よい担当者に当たることもあれば、これは外れだ、という人に当たることもあるでしょう。

もし、イマイチという担当者に当たったら、別のエージェントに当たってみるのもよいです。大手の転職エージェントは、その道のプロです。しかし、すべての転職エージェントの担当者が、あなたに合うとは限りません。

ダメなものはダメだと割り切って、別エージェントに乗り換える思い切りも時には必要。そのため、いつでも切り替えられるよう大手2社に登録しておくことをオススメします。

私も大手2社に登録していた際に、一方の動きが早くもう一方はレスポンスが遅かったので、親身に素早い対応をしてくれる一方に絞った経験があります。

RECRUIT AGENTI(リクルートエージェント)とDODA(デューダ)に登録するには、公式サイトに行って情報を入力するだけ。

その後は、ほったらかしにしていても、向こうからメールなり電話なりで連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

そしてカウンセリングをしてどんな職種に興味があるのか伝えて後日、意向に合わせた求人のオファーがメールなどで送られてきます。

一旦登録をしてカウンセリングを受けてしまえば、自動的に求人情報が送られてくるので、求人を探して応募する手間が省けます。

少しでも転職を考えているのなら、登録してみることをオススメします。

⇒ リクルートエージェント公式サイト
⇒ DODA(デューダ)公式サイト

コメント