すぐ取り組めるオススメの副業10選
詳細はこちら

職場での女子カーストの最上層!大企業一般事務職が女性に人気な理由とは?

リクルート

「キャリアを積みたい!」
「新しい業界に挑戦したい!」
「育児と仕事を両立させたい」

このような希望をもって、事務職を希望する女性は多い。

かつて正社員の一般事務職は、女性にとって非常にメジャーな職種でした。

書類整理、郵便物の管理、お客さんへお茶出し等の雑務が主な職務で、たいていは30代手前で寿退社するのが一般的でした。

しかし、現在は企業が不況であえぐ中、簡単に首を切れる非正規雇用を増やし、そういった雑務は、派遣社員や契約社員が担っているのが現状です。

かつてのように、寿退社するまでの腰掛け的なポジションがほとんどありません。

特に大手企業の正社員一般事務ともなれば、高学歴で女子力の高いエリート層が、血眼になって狙う席。一般女子にとってはポジションは皆無なんです。

今回は、何故そのような正社員の一般事務が女性に人気なのか、説明します。

大手の正社員一般事務はメリットだらけ

一般事務は薄給なイメージですが、雇い主が大手企業なら、ある程度の福利厚生は保証されています。

その上、正社員であれば非正規雇用のように、契約更新の時期におびえることなく、精神的な余裕をもって仕事ができます。

一緒に働く同僚男性も大手企業の正社員ばかりであるため、社内恋愛をして寿退社しても、安定した未来が約束されているようなもの、というか…ぶっちゃけ、それが目的で大手企業に潜り込む女性がほとんどです。

もちろん、社内に非正規雇用がいれば、彼女たちも正社員の男性を狙っているでしょうが、正社員一般事務は、そんな非正規雇用をゴミのごとく蹴散らす権利を持っています。

正社員の一般事務女性は、ドロドロな利害関係、力関係のなかで頂点に君臨することができる特権階級なのです。

大手の正社員事務は結婚できなくても勝ち組

一般事務である大半の女性たちの最終的な目標は、寿退社です。

正社員男性にハエのごとくまとわりつく非正規雇用の女性たちを見事に蹴散らし、勝ち残った者だけが獲得できる大企業正社員との結婚…つまり玉の輿による寿退社が、女性にとっての幸せ。

とはいえ、仮に結婚できなかったとしても、大手企業の一般事務であれば簡単に社会的地位が揺らぐことはありません。

日本の雇用制度では、正社員なら雇用主もおいそれと切ることができない。

こうして同僚だった正社員一般女子は寿退社でいなくなり、年功序列社会により、職場での女性社会で頂点に立つ「お局様」が生産されていくのです。

非正規雇用の女性一般事務の辛さ

その一方で、非正規雇用の一般事務の場合は悲惨です。

契約更新のたびに怯えながら仕事をこなし、給料も派遣会社にピンハネされ、ボーナスもなしといった始末。

経理や営業など、スキルが必要であったり上を目指せる職種なら、パフォーマンスによっては希望もあるでしょう。

しかし特にたいしたスキルを要しない一般事務なら、唯一の生きる道は正社員男性を捕まえ寿退社という道しかない。

それでも、30代手前なら大企業で正社員をしていれば、ある程度の給料は貰える。ぬるま湯につかって…

「いつか結婚するから、まあいいや!」とゆっくり結婚相手を探しながら、大企業の非正規雇用での一般事務もありです。

しかし、ずるずる30代を超えるまで非正規雇用だと、転職市場での評価も低くなっていくどころか、結婚も危うくなってきます。

企業もそれほどスキルを要しない非正規雇用の一般事務なら、三十路超えよりも若い女性を好む。三十路超えは、契約更新も年々難しくなってくるのが現状です。

使うだけ使ったらボロ雑巾のように「ポイッ」と捨てられる。悲しい話ですが、それが非正規雇用者への扱いなのです。

非正規雇用の一般事務のツケは後で来る

20代の若いうちはいい。しかし非正規雇用の一般事務というぬるま湯につかっていると、そのツケは後で来ます。

三十路超えの非正規雇用の一般事務女性は、契約を切られてしまったら、次はパートタイムくらいしか仕事がない。

非正規雇用の女性は、職場での女性社会ヒエラルキーの最下層に位置し、社会的立場も圧倒的に弱く、経済的に困窮する可能性が高いのです。

このご時世、大企業の正社員男性たちも、しっかりとキャリアを築いてきた正社員女性たちを結婚相手として好みます。

婚活に励む非正規雇用女子がガツガツアプローチすると「ど~せ俺が最終就職先だと思ってんだろ?」なんて思われてしまうこともあります。

そのため「いつか結婚するから、まあいいや!」という考えは非常に危険なののです。非正規雇用の一般事務女性は、いかなる場面でも生きて行く術を見つける必要があります。

非正規雇用の一般事務の女性が今の状況を打開するには

少し前に中国通信機器メーカーの華為技術(HUAWEI)日本法人が、大卒初任給に40万円以上を提示して話題となったのをご存知でしょうか?

HUAWE JAPANの求人広告では、募集職種は「通信ネットワークエンジニア」「端末テストエンジニア」「端末アフターサービスエンジニア」「研究職・アルゴリズムエンジニア」の4つ。

月給は学士で40万1000円、修士で43万円。年1回以上は賞与のため、賞与が月給2カ月分だとすると、年収は初年度から560万円以上にもなります。

一方、現在でもインドネシアやカンボジアなどの発展途上国では、どれだけ勉学に励んで技術をみにつけ仕事にいそしんでも、ローカル企業で月収40万なんて不可能に等しいです。途上国では月収10万で高級取りの部類に入りるのです。

しかし、インドネシアやカンボジアで月収10万で働いている優秀なエンジニアが、中国のIT企業に転職すれば月収60万になる、ということはあるかもしれない。

つまり、立場や給料と言ったものは、その人の能力やパフォーマンスよりも、その人がいる地域や業界、会社と言った要素よって変わる事の方が大きい!ということなんです。

イメージしてみてください…

あなたの会社にいる「正社員女子」「お局」が、あなたの給料の倍、あるいはそれ以上の働きをしているだろうか?…否でしょう!?

大企業の正社員女子に嫉妬をしても仕方ない、もし貴方がいま非正規雇用の一般事務なのなら、正社員一般事務の席を目指して血眼になって待遇の良い「正社員」に転職することをオススメします。

非正規雇用で様々な職場を経験してきた女性は、一般的に大企業だけで働いてきた事務職よりスキルがあり、柔軟性がある場合が多い。上手に転職することができれば、年齢が30代前後なら、大企業の事務職の座も夢ではないです。

そのため、もし現状に少しでも不満があるなら、さっさと転職してしまってください。

転職するなら転職エージェントの利用をオススメする

転職といえばハローワークをイメージするかもしれないが、ハローワークにある求人はオススメできません。

仕事は友人に紹介して貰うのも良いですが、私は転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントとは、転職を希望者に対して転職活動のサポートを行う会社や担当者のこと。日本には星の数ほど転職エージェントがあるんです。

きっと転職経験のない人は、どこを利用すれば良いのか悩むでしょうが、とりあえず業界トップの2社を検討するとよいでしょう。

業界No.1 リクルートエージェント

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

リクルートエージェント公式サイト

業界No.2 DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する日本最大級のエージェントサービス。ドゥーダの他にも、インテリジェンスは様々な業種に特化した転職サイトやアルバイト・パートの求人情報an、女性向けの求人情報salidaなど求職者のニーズに合わせた幅広い人材紹介サービスを展開している。

DODA(デューダ)公式サイト

リクルートエージェントもデューダも保有する求人数は全国で10万件前後。第二新卒から幅広い年齢層までの転職に対応しています。

大手の関連会社など安定した求人を多数かかえています。

紹介料がそれなりに掛かってくる大手2社に広告を出せる企業は、それなりに財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

それだけ紹介料を出しているということは、それだけ投資して本気で良い人材を探しているということ。就職すれば手厚い待遇、長期的なキャリアを見据えて向かい入れてくれるところも少なくないです。

一方、職業安定所(ハローワーク)は広告コストが無料なので、できるだけ安く人材を使い捨てるつもりで利用しているブラック企業も少なくない。

求人誌も、大手の転職エージェントに比べて広告費用が安いので、低品質な求人が多いです。

大手の転職エージェントでは、そういった質の悪い求人が少なく優良案件が多いので、安心して利用できます。

案件数が豊富で、エージェントも厳選してくれるので、自分の意向を伝えれば、納得のいく求人が見つかる可能性が高まります。

しかし、転職エージェントのカウンセラーも人間。大手といっても担当者の性格や質も人それぞれです。よい担当者に当たることもあれば、これは外れだ、という人に当たることもあるでしょう。

もし、イマイチという担当者に当たったら、別のエージェントに当たってみると良いだろう。

大手の転職エージェントは、その道のプロです。しかし、すべての転職エージェントの担当者が、あなたに合うとは限りません。ダメなものはダメだと割り切って、別エージェントに乗り換える思い切りも時には必要。大切な事は、上手にサービスを利用することです。

RECRUIT AGENTI(リクルートエージェント)とDODA(デューダ)に登録するには、公式サイトに行って情報を入力するだけ。

その後は、ほったらかしにしていても、向こうからメールなり電話なりで連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

そして、カウンセリングをしてどんな職種に興味があるのか伝えて後日、意向に合わせた求人のオファーがメールなどで送られてきます。一旦登録をしてカウンセリングを受けてしまえば、自動的に求人情報が送られてくるので、求人を探して応募する手間が省けます。

少しでも転職を考えているのなら、登録してみることをオススメします。

⇒ リクルートエージェント公式サイト
⇒ DODA(デューダ)公式サイト

コメント