すぐ取り組めるオススメの副業10選
詳細はこちら

同じ職場に気の合う同僚がいない!人間関係の悩みが原因で転職するのは甘えか?

リクルート

「仕事や待遇に不満はないけど、気の合う同僚がいないので転職したい!」

こういった理由で転職する事をどう思いますか?

恐らく…贅沢だ!甘えだ!後悔するぞ!なんていう人が多いんじゃないでしょうか。

しかし私は、転職理由が「新しい出会い」でも構わないと思います

そりゃあ、養うべき家族がいる場合は話が別です。

しかし、仕事に不満はないけど仲のよい同僚ができない、つまらない…こういう悩みって、転勤族だったり趣味仲間のいない人にとっては、よくある事だと思うんです。

職場に仲の良い同僚がいると仕事も楽しくなる

一緒にいて楽しい同僚がいると、心が弾み仕事も楽しくなります。ほとんどの人が一日の大半を職場で過ごすわけですから、当たり前といえば当たり前ですよね。

とあるアメリカで行われた幸福度に関する調査では、あらゆる成功者の中で最も幸福度が高かったのは職場の同僚を遊び相手にした人たちだったそうです。

一方で、同僚と仲が悪く、職場で孤立していると、生き甲斐を見失うこともあります。恋人を見るける転職はOKなのに、友人を見つけるっ転職はNGだなんて、おかしいです。

「このご時世、正社員という身分だけでも感謝すべきなのに、そのうえ友人を求めて転職だなんて、罰が当たるんじゃないの?」

そんな考えの人も少なくないでしょう。しかし、そんな考えは可能性を狭めてしまいます。

ぶっちゃけ、退職してワーホリや留学にいく、という考えに対して否定的な意見を述べる人が多いように、他人は誰かが挑戦することを嫌います。その理由は自分にその勇気がないからです。

しかし要するに、本人が自身の転職理由に納得してれば、それでOKなんです。

100種類の職場があれば、100通りの人間関係がある。きっと新しい出会いは、今までにない価値観を与えてくれるでしょう。

リスクの分だけリターンも期待できる

一般的には、大人になってから仲の良い友人をつくのは難しいと言われています。ですが環境が変われば人間関係も大きく変わり、人生も大きく変わるかもしれません。

リスクは何事にもつきものです。

リスクにおびえず受け入れること。そうすることで、その後の人生の舵を自身でとることができるようになり、より良い向にシフトさせる事ができるかもしれません。

全くリスクを取れない人には、何もリターンもないんです。必要なのは、一歩踏み出す勇気だけです。

そのため、もし気の合う同僚がいないから転職したいと考えているのであれば、思い切って転職することをオススメします。

転職するなら転職のプロであるエージェントに登録してみるとよいでしょう。

転職エージェントは大手2社を押さえておこう

日本には星の数ほど転職エージェントがあります。きっと転職するとなると「どこのエージェントを使えば良いのか?」ほとんどの人が悩むでしょう。

どこに登録しようか迷ったら、先ずは業界トップの2社を検討することをオススメします。

リクルートエージェント

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

リクルートエージェント公式サイト

DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する日本最大級のエージェントサービス。ドゥーダの他にも、インテリジェンスは様々な業種に特化した転職サイトやアルバイト・パートの求人情報an、女性向けの求人情報salidaなど求職者のニーズに合わせた幅広い人材紹介サービスを展開しています。

DODA(デューダ)公式サイト

リクルートエージェントもデューダも保有する求人数は全国で10万件前後。第二新卒から幅広い年齢層までの転職に対応しています。大手の関連会社など安定した求人も多数かかえています。

紹介料がそれなりに掛かってくる大手2社に広告を出せる企業は、それなりに財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

また、それだけ紹介料を出しているということは、それだけ投資して本気で良い人材を探しているということ。就職すれば手厚い待遇、長期的なキャリアを見据えて向かい入れてくれるところも少なくないいです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップみ見込めます。

一方、職業安定所(ハローワーク)は広告コストが無料なので、できるだけ安く人材を使い捨てるつもりで利用しているブラック企業も少なくないです。

求人誌も、大手の転職エージェントに比べ広告費用が安いので、低品質な求人が多いです。

大手の転職エージェントでは、そういった質の悪い求人が少なく優良案件が多いので、安心して利用できます。カウンセラーに相談しながら自分に合った職のアドバイスなどもしてくれる点もよいです。

案件数が豊富で、エージェントも厳選してくれるので、意向を伝えれば納得のいく求人が見つかる可能性が高まります。

しかし、転職エージェントのカウンセラーも人間。

大手といっても担当者の性格や質も人それぞれです。よい担当者に当たることもあれば、これは外れだ、という人に当たることもあるでしょう。

もし、イマイチという担当者に当たったら、別のエージェントに当たってみるのもよいです。大手の転職エージェントは、その道のプロです。しかし、すべての転職エージェントの担当者が、あなたに合うとは限りません。

ダメなものはダメだと割り切って、別エージェントに乗り換える思い切りも時には必要。そのため、いつでも切り替えられるよう大手2社に登録しておくことをオススメします。

私も大手2社に登録していた際に、一方の動きが早くもう一方はレスポンスが遅かったので、親身に素早い対応をしてくれる一方に絞った経験があります。

転職エージェントの登録から求人企業への面接までの流れは…

ウェブサイトから登録

↓ ↓ ↓

電話・メールでの面談日程調整

↓ ↓ ↓

来社して面談・カウンセリング

↓ ↓ ↓

エージェントから求人の紹介

↓ ↓ ↓

(あなたの希望に添うなら)求人募集企業との面接!

というパターンがほとんどです。

一旦登録をしてカウンセリングを受けてしまえば、自動的に求人情報が送られてくるので、求人を探して応募する手間が省けます。

少しでも転職を考えているのなら、登録してみることをオススメします。

⇒ リクルートエージェント公式サイト
⇒ DODA(デューダ)公式サイト

コメント