退職代行サービス利用のリスクと違法性|失敗を防ぐためには代行業者選びが大切!?

退職代行

お金を振り込むだけで億劫な退職意思の告白を代行してくれる「退職代行サービス」が最近流行っています。

自分から退職を申し出ると「頼むから辞めないでくれ」「お前には期待している」「他社はもっと厳しいよ」などと説得されたり、酷いブラック企業では辞表を受け取ってくれなかったり等あります。

そこで第3者が割って入り、退職希望者の意思を伝えることで、スムーズな退職をサポートする「退職代行サービス」は、画期的なサービスと言えます。

しかし、このような退職代行サービスの利用には違法性もあり、リスクも孕んでいることをご存知でしょうか。

①退職代行業者ができる事は限られる

退職代行業者ができることは基本的に、退職したいという意思表示に限られます。退職の伝言・説明・質問などに限られるんです。

なぜなら弁護士法の72条で「非弁行為の禁止」という項目があり、弁護士ではない者が有償で法律に関わる仲裁や和解の交渉をするのは、違法になるからです。

退職の意思を「伝達」するだけなら弁護士以外でも可能です。しかし、有給や退職金などの「交渉」に関わる部分は、弁護士が在籍している事務所でないとできないのです。

②退職後に嫌がらせをされる

現在の転職市場は、とんでもない売り手市場です。普通の企業でも人員を確保するのに四苦八苦するのに、退職代行を使って辞めざるを得ない会社は尚更です。

少子高齢化が進み団塊世代の退職に伴って、求人の需要はますます増し、不人気な求人企業にとっては、さらに厳しい状況が続くでしょう。

そのため退職代行サービスを使って辞めたは良いものの、会社側から「損害賠償を請求してやる」等と言われたり「離職票」を送ってもらえなかったり等、嫌がらせを受けるかもしれません

③退職後に就職できない

昨今の就職市場は売り手市場とはいえ、日本では転職すると待遇や収入は少なくなってしまうことが多いです。

過酷な労働環境を強いられる業種(介護、飲食、建設 等)はある程度決まっています。そのため、より良い労働環境の職場へ転職したい場合は、業種自体を変える必要があります。

しかし、新しい業種に転職すると未経験扱いなり、前職よりも低い収入になってしまう事がほとんどです

退職代行のリスクを減らすために

このように、一見楽に思える退職代行サービスの利用は隠れたリスクを孕んでいます。

では失敗を避けるためにはどうすれば良いのでしょうか?

昨今は、その需要に伴い日々新しい退職代行業者が出てきています。失敗を避けるためには、退職後までしっかり対応してくれる業者を選ぶことをオススメします

あらゆる退職代行業者のなかでも、アフターサポートがしっかりしている退職代行業者は退職代行コンシェルジュです

退職代行コンシェルジュ

『退職代行コンシェルジュ』は、アフタサポートが非常に充実している退職代行サービス業者です。

退職代行業者のなかには、最初の価格を安めに設定しておいて、追加料金をとることろもあります。しかし退職代行コンシェルジュは一切追加料金が掛かからず、医師監修のもと退職までのメンタルケアや、失業給付・転職のコンサルも行っています。

上述の①~③の退職代行リスクいついても、退職代行コンシェルジュでは以下のように対応が可能です。

①退職代行業者ができる事は限られる⇒弁護士指導の下で対応

退職代行コンシェルジュでは、交渉について違法行為にならないよう、全案件に対して顧問弁護士の指導を受けています。

そのため…

  • 有給休暇の申請
  • 退職金の申請
  • その他の希望

などの事項についても安心してお伝えを代行することができます。

自分で辞職を伝えると、法律知識がないばかりに、有給を取得できなかったり、退職金を減らされたりする可能性があります。しかし退職代行コンシェルジュには弁護士がいるので、安心して依頼することができます

②退職後に嫌がらせをされる⇒勤め先の視点にも立った対応

退職代行コンシェルジュでは、弁護士の指導のもと、勤め先のケアも考えながら最新の注意を払って対応しています。

具体的には…

  • 雇用契約の確認
  • 雇用契約外の契約の有無
  • 雇用先への返却物
  • 雇用先での引継ぎ業務
  • 個人情報の取り扱い

など勤め先の負担も考えた上で、対応可能しているため、2018年末現在まで、企業側からの損害賠償などのトラブルはなく、退職者のすべてがスムーズに退職されています。

③退職後に就職できない⇒転職に関するコンサルティング

実は退職代行コンシェルジュのサービスを運営する株式会社CRAMは人材紹介会社です。「退職代行」「人材紹介」の他にも以下の業務を行っております。

  1. クリニック運営・運営業務支援
  2. 集患支援
  3. 医療機関の紹介業務
  4. 経営コンサルティングおよびマーケティング調査業務

株式会社CRAMでは、クリニックの運営や集患支援も行っています。

そのため過酷な勤務をされ精神的ケアが必要な退職者に対しても、医師の指導の下にメンタルケアを行っています。

退職代行コンシェルジュ┃登録方法&料金

退職代行コンシェルジュ利用の流れは、以下の通りです。

  1. 公式ページよりサービス登録
  2. LINEや電話で退職理由、退職交渉などをヒアリング
  3. 退職代行料金の支払い
  4. 退職連絡の代行
  5. 退職の完了&その連絡
  6. 失業保険や転職サポート
  7. 失業給付や転職に関するコンサルティング

他の退職代行サービスとは異なり、母体が人材紹介とクリニック運営をしているのは、退職代行コンシェルジュだけです。

そんな、退職代行コンシェルジュの料金ですが、通常価格は以下のようなっています。

  • 正社員/契約社員/派遣社員:49,800円(税込)
  • アリバイト/パート:39,800円(税込)

しかし、現在は特別価格の30,000円で対応をしております。

「会社に行きたくない辛い!」
「上司が辞めさせてくれない」
「辞めると勇気を出して言えない」

そんな風にお困りの方は、ぜひ退職率100%の退職代行コンシェルジュに連絡してみることをオススメします。

コメント