すぐ取り組めるオススメの副業10選
詳細はこちら

流行の退職代行業者!即日円満退職できる退職代行サービスまとめ。

ライフハック

数万円で最短即日満退職も可能にしてくれる退職代行サービスをご存知でしょうか?

「人に迷惑をかけてはダメ!」と小さい頃から教わった日本人は非常に真面目です。

国際的に見れば、普通は退職するような状況でも、日本では「周りの人に迷惑をかけるから退職できない、言い出せない」という人が多いです。

特にブラックが多い建設・介護・飲食などの業界で働いていると…

「会社にいきたくないけど言い出しにくい!」
「辛過ぎるが会社を辞めさせてもらえない!」
「いっそのこと会社が潰れてくれないかな?」

とまで思っている人も多いかと思いますが、もう心配はいりません。

退職代行サービスならば、電話もかけなくても即日円満退社が可能です。有給消化のみならず、社宅の場合は退去日まで確認までしてくれるからです。

IDや保険証などの返却物は郵送すればOK、離職票など雇用保険の手続きに必要な書類は会社から郵送してもらえば良いです。

そのため、実際に「もう嫌だ!仕事に行きたくない!」と思ったらバックレなくても金さえ払えば円満に退職できるのです。

退職代行サービスの具体的な事例

2018年7月中旬、@asuteaGX(超魔進あすてあ)さんが実際に利用した退職代行サービスEXITが話題になりました。

飲食業界の大手チェーンで働く氏はこのような状態でした。

  • 次の日に精神科を受診し退職願いを出す予定
  • 実質朝の早朝6時から真夜中3時迄までという雇用形態
  • 社宅に移ったところ手取りが20万→12万に激減
  •  新手の詐欺も覚悟して勉強料として代行料を支払った

しかし、振込をした直後1分で振込み確認の連絡があり。

代行サービス業者は逐一アップデートを報告。

その日の18時40分には決着がつきました。

具体的な展開については以下で詳しくまとめられています。

「退職代行サービス」で無事?退職できたアカウントの話
まとめました。 更新日:7月13日16時36分

退職代行サービスは多くの需要がある

「超魔進あすてあ」さんのように「仕事が辛過ぎで辞めたいが辞めれない」という状況に陥っている人は非常に多い。「会社や上司が怖い!」とさえ思いっている人もいることでしょう。

当サイトでも、会社を辞めたいと思いはじめて鬱病だと判明したら、すぐ辞めるようにオススメしています。

「仕事を辞めたい」「仕事に行きたくない」と思ったら考えるべきこと。続けるべきか辞めるべきかの判断基準について…
辛いから仕事を辞めたい。だけど後の事を考えると、退職を考えていることを打ち明ける勇気が出てこない。たとえば… 「打ち明けたあとの上司の反応が怖い」 「同僚に迷惑をかけそうで申し訳ない」 「打ち明けたあと周りの対応が冷たくなりそう」 なんて思うことよくありますよね。特に月曜日は繁忙期。仕事のミスをした時なら尚更。 しかし、人生のなかで仕事は大きなウェイトをしめるもの。それがストレスになると、大変なことになります。その結果がよくある「うつ病」です。 仮に少しの勇気をもって退職の意思を示したとしても。 「大丈夫、仕事に慣れていないだけだよ」 「今がつらい時。乗り越えれば楽になる」 「頑張れよ、入社したばかりじゃないか」 なんて引き留められるかもしれません。 しかし「仕事に行きたくない!」という悩みの深刻さは本人にしか分からないものです。 現状に耐えるべきなのか、転職をして環境を変えるべきなのか、退職をして休息をとるべきなのか。そういった判断は本人にしかできないのです。 とはいえ、経済的な問題もありますし簡単には決断できないですよね。 そこで本稿では、あなたが「仕事に行きたくない」「会社を辞めたい」と思った時に役立つ考え方と心構えを紹介します。

それでも現実には「上司に言いにくい」「周りに言い出せない」などの気質から、ズルズル仕事を続けて鬱病になってしますケースも非常に多いです。

しかし、退職代行サービスならば相手側とのコンタクトは一切せずとも、数万円を振り込むだけで会社が辞められます。

「辞めるということも自分で言えないのか?」
「退職手続きも自分でできなくて大丈夫?」

などと思う人もいるかもしれないですが、まともな思考力や判断力を失わせるのがブラック企業の手法です。また普通の会社とは違いブラック企業を辞める時はスムーズに行かない場合が多いです。

そのため、退職代行サービスは時代の需要に合致した画期的なサービスと言えます。

しかしEXITは問い合わせが殺到していて電話が繋がらないケースも多いそうです。

退職代行サービス業者一覧

実はこのような退職代行業者はEXITの他にも数社あります。

サービスの特性上どの業者も何かトラブルが起こった際のために弁護士を雇っており、そのためサービス内容は、どこもそれほど変わらないでしょう。

もし「EXITに電話が繋がらないが、明日退職したいから早くして欲しい」という場合は、他業者に連絡を試みてみることをオススメします。

SARABA(さらば)

『SARABA』は、3万円で退職代行をしてくれる、業界最安値の退職代行サービスです。

3万円ポッキリで「相談回数無制限」「電話回数無制限」「24時間対応」「即日退職可能」「全額返金保証」を売りにする業界最安値のサービスです。見ての通り価格は最安値なのにサポートはしっかりしています。土日祝日も営業しているので、休みの日に仕事を辞めたくなっても連絡可能です。

SARABA公式サイト

退職代行コンシェルジュ

『退職代行コンシェルジュ』は、退職の意向を会社に伝えるのみならず、アフタサポートも充実している退職代行サービスです。

退職代行業者のなかには、最初の価格を安めに設定しておいて、追加料金をとることろもあります。しかし退職代行コンシェルジュは一切追加料金が掛かからず、医師監修のもと退職までのメンタルケアや、失業給付・転職のコンサルも行っています。

退職代行コンシェルジュ公式サイト

退職代行ニコイチ

『ニコイチ』は、退職対応人数4,000人を超える退職代行サービスです。

退職のための綿密なシナリオを作り退職を勧めてくれ、事務所には心理カウンセラーも在籍しています。もちろん、退職できなかったときの全額返金保証付きです。料金は64,800円~108,000円掛かります。

ニコイチ公式サイト

ヘルプマン

『ヘルプマン』は電話代行が1回3,240円からの、電話代行も請け負っている便利屋です。

退職代行以外の電話サービスもしている経験豊富なスタッフの対応で、出張地域に限り、荷物を代理引取りも可能です。料金は3,240円で激安ですが依頼内容により変わります。

ヘルプマン公式サイト

おすすめの退職代行業者は?

退職代行が流行る火付け役となったパイオニアは「EXIT」です。

しかし「人気がありすぎて電話がつながらないかもしれない」「サービス利用者が多くて時間が掛かるかもしれない」という懸念がありますよね。

そのため、もし普通に退職したいだけならサービスに力を入れている「SARABA」「退職代行コンシェルジュ」などにも連絡してみることをオススメします。

精神面でやられてしまうと、退職後の人生も大きな影響を及ぼします。

少しでも「仕事が辞めたいのにつらい」「上司が怖くて電話できない」と思っているのなら、退職代行サービスを利用してみることをオススメします。

現在3万円ポッキリで利用できる退職代行サービス業者は、退職代行SARABA退職代行コンシェルジュです。

仕事を退職して休息を取るのであれば、必ず失業保険の手続きをしましょう。具体的な手続きについては以下を参考にしてください。

【保存版】仕事を退職したらすべきこと!会社を辞めたらする手続き(失業保険、国民年金、健康保険)について徹底解説します!
会社を辞めたあとにしないといけない事は以下の3つです。 •①失業保険の手続き •②国民年金の手続き •③健康保険の手続き 特に初めて退職する人にとっては、失業保険が、どういう条件で、いくらの額を、いつまで受給できるのか、とっても気になると思います。 順番に解説していきます。

コメント