ホワイト企業に転職するために見るべきポイント。ホワイトな業界とその特徴を徹底解説!

あなたは転職するとき「ブラック企業」「ホワイト企業」どちらに転職したいと思いますか?

「転職するなホワイト企業の方の方がいいに決まってる!」

これは、誰もが思うことですよね?

稀にブラック企業の方が肌に合っている!というマゾもいますが、100人がブラック企業とホワイト企業、どちらに就職したいか聞かれれば、95人以上が「ホワイト企業」と答えるでしょう。

しかし、誰もが憧れるホワイトって一体どんな企業の事なんでしょうか?

実は会社がホワイトかブラックであるかどうかは、業界で予測がつきます。本稿ではホワイト企業が多い業界とその特徴について解説していきます。

ホワイト業界とブラック業界がある理由

ホワイト企業とはウィキペディアによれば以下のように説明されています。

ホワイト企業(ホワイトきぎょう)とは、就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低いなどから入社することが好ましいとされている企業。反意語にはブラック企業という言葉が存在しており、従業員への待遇が酷い企業という意味で使われている。

ウィキペディアーホワイト企業

「福利厚生が整っていたり離職率が低い」ということは待遇がよく、従業員を酷使しない企業のことです。

どんな経営者であれ、赤い血の通った人間ならば働いてくれる従業員が満足して働いてくれる環境を好みます。

にも関わらず、なぜ企業がブラック化するんでしょうか?

理由は業界自体の金回りが悪いからです。たとえば「飲食」「小売り」「介護」などと言った業界は金回りが悪く会社自体もブラックになりやすい。

一方でホワイト企業では、会社は従業員の福利厚生を整え、給料も平均以上に支払うことができる所がほとんどです。

理由は業界自体の金回りがよいか、あるいは独占・寡占状態で他社の新規参入が難しいからです。そういったホワイト企業は、それほど努力しなくても、従業員に全うな給料と動労環境を与えつつ、余裕を持って運営しているのです。

そのため、あなたがホワイト業界に就職できれば、倒産の危険が低く安定した経営のもと、安心して仕事を続けることができるでしょう。

それでは具体的にどんな業界がホワイトと言えのでしょうか?

ホワイト業界の例

先述の通りホワイト業界とは「金回りが良い」「独占・寡占」のいずれかに当てはまる業界のことです。具体的には以下のような業界がホワイトであるといえます。

IT業界

一見、離職率が高くブラックに思われがちなIT業界。しかし、技術を身につければ短期間で昇給が望め、転職もしやすいため「さらなる高給を求め」転職する人が非常に多いです。

特に昨今ではIT人材が非常に不足しており、例え大卒でなくても技術のある人は年収600万からの高給を得られるチャンスもあります。

IT人材ではなくともIT人材として育て上げるためのプログラムを用意している会社まである。昨今は、まさにIT人材にとってバブルであると言えます。

電力・ガス

電力・ガスなどのインフラ系業界は、常に一定の需要があるため安定した収入が得られる、特権的な業界です。

たとえば福島原発事故で責任を問われた東京電力ですが、事故が起きたあとも東電社員の平均年収はうなぎ上りです。

平成28年:822万円
平成27年:733万円
平成26年:709万円
平成25年:684万円
平成24年:619万円
平成23年:653万円
有価証券報告書

定着率も前業界の中でトップ。有給取得率も8割前後。特にガスよりも電力会社の待遇が良く年収が高い傾向があります。

仮に経営が傾いたとしても、電気は私たちにとって不可欠なインフラ。公的資金が注入されるでしょう。そのため電力業界は、まさに特権業界と言っても過言ではないです

タバコ

タバコ業界も独占・寡占業界であるため、安定した収益が見込めます。特に国内シェア6割を占める日本タバコ産業(JT)は世界でみても2、3位を争うタバコメーカー

喫煙者の人は実感している通り、タバコは中毒性があり、そう簡単に辞められるものではない。かつ価格は1箱400~500円はする趣向品ですが、少し収入が減ったところで購入をやめると言ったことは稀ですね。

全国の喫煙者人口は2000万人と言われています。これだけの大きな市場であるうえに1箱400~500円はするタバコの原価は100円以内。ご存知の通りタバコの価格は上がり続けており、ジャブジャブ金が入ってくる業界と言えます。

航空・海運

医者と並ぶ高給な職業としてパイロットがしばしば挙げられます。彼らが従事する航空業界は国の認可に基づきサービスを運営されています。

航空機や大型船などを購入するためには多額の費用が必要となり、新規参入が非常に難しい独占・寡占業界。そのため、こういった業界に従事する職員は競争におびえることなく安定した収入が稼げます。

たとえばLCCと呼ばれる格安航空会社が参入していきてますが、日本の場合では、今でもANAやJALの寡占状態。そのため、航空業界で働く従業員の給料は一般水準よりも高い傾向にあるのです。

ホワイト業界へ転職するためには?

さてホワイト業界について説明してきましたが「じゃあ、そんなホワイト業界に転職するにはどうすれば良いの?」という声が聞こえてきそうです。

これまでホワイト業界の例を見てきて…

「有名大卒じゃないと無理じゃないか?」
「ハイスペックじゃないと採用されないよ!」
「3流大卒の私には難しい!」

なんてお思いじゃないでしょうか?

確かにホワイト業界は有名大卒の人たちにも非常に人気で狭き門だと言えます。競争率も最も高く難関といえるでしょう。

しかし、その中でもIT業界だけは、技術さえあれば大卒でなくても雇ってもらえるケースがあります。昨今は世界中でIT人材が、本当に、本当にに不足しているからです。

30代ぐらい迄であれな研修した上でIT人材として就職をサポートします!」というエージェントまで存在します。

また、それなりの技術を身につけることができれば、間単にフリーランスとして独立できるのもIT人材の強いところ。

上記のサイトを見て頂ければ分かるとおり月収100万円前後の案件がごろごろあります。雇われでも独立でも向かうところ敵なし!それが昨今のIT人材なのです。

それでも海外のIT人材と比較して、年功序列で給料・待遇が決まる日本では、IT人材の給料が安いと言われます。海外では技術のあるIT人材なら年収1500万は余裕で超え、さらに高みを目指せる業種なのです。

それは日本でも今後のIT人材の給料は上昇が見込めるということ。さらにIT技術に加え英語も身につければ鬼に金棒。一気に超高給人材として駆け上がることが可能なのです。

「IT業界が良いのは分かったけど私はどうしても機械オンチで!」
「無理無理!特にプログラミングとか絶対できない!」

もちろん、このようなIT業界自体が肌に合わない人もいるでしょう。

そういった人には「電気・ガス」「たばこ」「航空」などの業界をオススメします。しかし特に大手の場合、こういった業種は新卒一括採用を行っているところが殆どです。

経験をつんだハイスペック人材をヘッドハンティングしているという噂もちらほら聞きますが、現実的に考えた場合、こういった業界に滑り込むのは難しい。

しかし最も現実的な方法は、こういった大企業の人事とも繋がりのある大手転職エージェントを利用することです。

転職エージェント業界2トップ!

日本の大手転職エージェントのトップ2はリクルートエージェントDODA(デューダ)です。

日本には数え切れないほど転職エージェントがあり、どこを利用すれば良いのか悩みますが、この業界トップ2社が最もホワイト業界とのコネを持っているでしょう。

リクルートエージェント

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

リクルートエージェント公式サイト

DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する日本最大級のエージェントサービス。ドゥーダの他にも、インテリジェンスは様々な業種に特化した転職サイトやアルバイト・パートの求人情報an、女性向けの求人情報salidaなど求職者のニーズに合わせた幅広い人材紹介サービスを展開している。

DODA(デューダ)公式サイト

リクルートエージェントもデューダも保有する求人数は全国で10万件前後。第二新卒から幅広い年齢層までの転職に対応しています。大手の関連会社など安定した求人を多数かかえています。

紹介料がそれなりに掛かってくる大手2社に広告を出せる企業は、それなりに財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

また、それだけ紹介料を出しているということは、それだけ投資して本気で良い人材を探しているということ。就職すれば手厚い待遇、長期的なキャリアを見据えて向かい入れてくれるところも少なくないいです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップみ見込めます。

一方、職業安定所(ハローワーク)は広告コストが無料なので、できるだけ安く人材を使い捨てるつもりで利用しているブラック企業も少なくないです。

求人誌も、大手の転職エージェントに比べて広告費用が安いので、低品質な求人が多いです。

大手の転職エージェントでは、そういった質の悪い求人が少なく優良案件が多いので、安心して利用できます。

案件数が豊富で、エージェントも厳選してくれるので、自分の意向を伝えれば、納得のいく求人が見つかる可能性が高まります。

しかし、転職エージェントのカウンセラーも人間です。大手といっても担当者の性格や質も人それぞれです。よい担当者に当たることもあれば、これは外れだ、という人に当たることもあるでしょう。

もし、イマイチという担当者に当たったら、別のエージェントに当たってみるのもよいです。大手の転職エージェントは、その道のプロです。しかし、すべての転職エージェントの担当者が、あなたに合うとは限りません。

ダメなものはダメだと割り切って、別エージェントに乗り換える思い切りも時には必要。大切な事は、上手にサービスを利用することです。

私も大手二社に登録していた際に、一方の動きが早くもう一方はレスポンスが遅かったので、親身に素早い対応をしてくれる一方に絞った経験があります。しかし、担当者によっては逆も然りでしょう。そのため、大手二社に登録して、自分にとって使いやすそうな一方に絞る使い方をするのがベストです。

RECRUIT AGENTI(リクルートエージェント)とDODA(デューダ)に登録するには、公式サイトに行って情報を入力するだけ。その後は、ほったらかしにしていても、向こうからメールなり電話なりで連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

そして、カウンセリングをしてどんな職種に興味があるのか伝えて後日、意向に合わせた求人のオファーがメールなどで送られてきます。一旦登録をしてカウンセリングを受けてしまえば、自動的に求人情報が送られてくるので、求人を探して応募する手間が省けます。

少しでも転職を考えているのなら、登録してみることをオススメします。

⇒ リクルートエージェント公式サイト
⇒ DODA(デューダ)公式サイト