女性社員(OL)のお茶汲みは女性差別に相当するのか!?そうは思わない私の考え。

ライフハック

はじめまして、中堅企業で庶務や経理などの仕事をしています、ミズキといいます。

私は以前は女性に課せられることの多い「お茶汲み」は女性差別に該当する!と感じていましたが、経験を通して考えを改めました。

そんな私の経験を紹介します。

急に課せられた「お茶汲み」

私がOLのお茶汲みと女性差別について考えるようになったきっかけは、男性が多い職場でOLとして働いていた時、お茶汲みを頼まれることが多くて悶々としていたからです。

転職でその職場の庶務・経理の仕事を担当することになり、ほとんどが男性社員で女性の社員は私を含めて2人しかいませんでした。

前任者からの引継ぎのときに男性社員と「来客に対するお茶汲みがある」という話を聞いていましたが、働き始めた初日からいきなりお茶汲みを頼まれました。

自分の仕事にも慣れておらずお茶の出し方もわからずにとにかくパニックでした。

男性社員それぞれの湯飲みやマグカップも覚えなければならず大変で、転職したばかりにも関わらず「早く辞めたい」と思ってしまったほどです。

同僚女性「お茶汲みは息抜きになる」

来客も多い職場なのでお客さんにもお茶を出さなければなりません。

女性差別を訴えたくなりましたが、もう一人の女性は2年前からその職場にいて手慣れた様子でお茶を出していました。

彼女に「大変ではないのか」と聞いてみたところ、全く大変ではなくむしろ息抜きが出来て良いと言っていました。

働き始めたばかりで余裕がなくパニック状態に陥っていたそのころの私にはまったくその発言の意味がわかりませんでした。

しかし、暫くして仕事にも慣れてきて余裕が出てきた頃に、ようやくその発言の意味がわかってきました。

私はその同僚女性と2人で庶務・経理の仕事を行っていたのですが、これらの仕事は自分の裁量で行うことが出来るものが多く、自分のペースで進められます。

そして、お茶汲みは確かに息抜きにもなります。

男性社員からも口を出される事は殆どなく、お茶を出すことも苦痛に感じなくなりました。

職員へのお茶出しが禁止に

しかし、その後「男女雇用機会均等法」が一部改正されてからは女性差別に関する話題やニュースが多くなり、センシティブに取り扱われるようになってきました。

それを受け、ある男性社員が朝のミーティングのときに職員へのお茶出しは廃止すべきではないかという提案がなされました。

私ともう一人の女性の仕事の負担の大きさを考えた提案で、その提案に対して男性社員が全員賛成するという形になりました。

そしてその日から男性社員がセルフでお茶を入れるようになり、お茶を出すのは来客のときのみとなりました。

OLのお茶汲みは女性差別に該当するのか?

私たちのことを考えてくれての提案でありがたかったのですが、なんとなくお茶を出すという仕事がなくなったことで物足りなさも感じるようになりました。

お茶を出さなくなり負担が軽減されたので、今まで以上に総務や経理や庶務の仕事を頑張らなければならないというプレッシャーも感じるようになりました。

その時から、はたしてOLのお茶汲みは女性差別に相当するのかどうか分からくなってしまったほどです。

女性差別の解釈は人それぞれ

女性差別の捉え方や解釈の仕方は人それぞれです。

お茶を出したりなどの物理的なことよりも、発言や態度の方が差別に発展することが多いのではないかと考えるようにもなりました。

転職したばかりで余裕がなかった頃は差別ではないかと考えたこともありましたが、仕事に慣れてきて気持ちに余裕が出てきた頃には全く差別だとは思わなくなっていました。

もう一人の女性も同様の考え方です。

職員同士の気遣いが大切

私の職場では、日頃から職場の男性社員から高圧的な発言をされたり、威圧的な態度をとられる事はありません。

男性社員達は、いつも気を使ってくれて優しく接してくれていることが、そのような考えに結び付いているのだと感じています。

差し入れをしてくれたり重い荷物を率先して運んでくれたりする男性社員ばかりだったので、お茶汲みも苦痛に感じたりストレスになったりすることがなかったのだと思います。

男性職員へのお茶出しは廃止になりましたが、お土産や差し入れなどでお菓子を頂いたときは、お菓子と一緒に全員にお茶を出すようにしています。

職場での女子カーストの最上層!大企業一般事務職が女性に人気な理由とは?
「キャリアを積みたい!」 「新しい業界に挑戦したい!」 「育児と仕事を両立させたい」 このような希望をもって、事務職を希望する女性は多い。 かつて正社員の一般事務職は、女性にとって非常にメジャーな職種でした。 書類整理、郵便物の管理、お客...
女性が転職活動で「資格」を気にするのは無駄!女性が転職を成功させるために必要なポイントとは!?
日本では少子高齢化が進み女性の活躍が期待されています。 しかし未だに女性は、男性に比べて賃金が低く、若ければ結婚+出産で、就職活動においては差別されているのが現状です。 政府は、数年前に「女性活躍推進法」を制定し女性の活躍を後押ししています。 ...
残業命令で子育てに支障が…退職代行サービス利用を検討した体験談!
はじめましてトモカ(仮名)と言います。私は退職代行サービス利用を検討したことがあるので、体験談を書きたいと思います。 私は子育てと仕事の両立がうまくできず、悩んでいた時期がありました。 保育所に子供を預けているのですが17時すぎには迎えにいかなけれ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました