30代で月収20万代は正社員でも今すぐ転職すべき!年収250万~400万がワープアな理由を徹底解説!

転職論

日本の大卒初任給は20万円前後、手取り10万円代の人も少なくないです。

もちろん新卒はスキルも経験もないので、企業もそこまで給料を出せません。

しかし、普通の企業で真面目に働いてれば20代後半には、月収が30万円になるのが普通。年齢が30代で手取り月収が20万程度の人は低収入です。

一般的に日本人の月収は「年齢×1万円」、それに加え年3ヶ月分のボーナス分だと言われてます。年収で計算するなら「年齢×15万円」で、これはかなり現実的な数字です。

現に平成28年度の国税庁の調査では、働き盛りの30代の平均年収は、450~500万円で推移しています。

国税庁-年齢階層別の平均給与

年齢が20代前半なら300万円という年収もありですが、30代を超えても年収300万代だとワーキングプアに位置づけられます。現代社会の奴隷と言っても過言ではありません。

今回は、その理由を説明します。

30代年収300万以下が存在する理由

正社員でも、ボーナスがなかったり、1ヵ月分以下の場合、年収250~300万円代になります。

この傾向は「小売り」「介護」など、多くの利益が見込めない業種に多いです。こういった儲からない業種では、経営者は人件費を切り詰めて運営せざるを得ないからです。

このような業種で働いてる人は、たとえ経験やキャリアを積み実績を残しても昇給はスズメの涙、責任ばかり重くなります。

比較的儲かりやすいメディア関係の仕事でも、若手クリエイターの場合は、年収の格差が激しいです。

そういう待遇で働いている人は…

「大事なのは金じゃない、やり甲斐だ!」
「好きな事をしているんだから我慢しろ!

というような言い訳で、搾取されている場合がほとんど。

このような理由により、平均年収の高い都内でも年収250~300万に甘んじている人は存在します。

非正規より悪待遇の正社員

ぶっちゃけ年収250~300万正社員は、派遣社員・契約社員のような非正規よりも待遇が悪い場合が多いです。

たとえば派遣社員・契約社員なら、ボーナスなしでも年収300万円以上にはなります。

もちろん契約や派遣は、正社員より不安定な職種です。しかし残業をしようものなら必ず手当は出るし、会社もそれを分かってるので、基本的に残業はさせません。

一方で正社員だと、雇用が安定しているため多少のサービス残業や休日出勤は当たり前。

雇われている側もそれを分かっているので、正社員という立場を維持するため、残業や休日出勤には耐えるのが大半。

それでも年齢が30代前半で年収400万円ぐらいなら、会社に奉仕する価値はあるかもしれません。

しかし年収250~300万のワープア正社員は、残業などすべきではありません。

そんな労働者を搾取している余裕のない会社に居続けても、今後たいした昇給は望めないからです。

雇用が安定してるとはいえ、年収が派遣・契約より低ければ全く意味がない。せいぜいメリットといえば「簡単にクビにされない」「正社員と履歴書に記載できる」ぐらい。

それだけのメリットのために、あなたの貴重な時間を無料で差し上げる必要はありません。

30代月収20万程はワープア?

たとえば地方であったり、周りがワープアだらけの環境なら、年収250~300万に甘んじている人も少なくないです。

若ければ親や上司から…

「金を稼ぐのは簡単じゃないんだ!」
「皆それぐらいの給料なんだ贅沢は言うな!」

なんて言われたりするかもしれません。

しかし、そういう人たちは単純に外の世界を知らないだけ。「年収300万円以下があり得ないほど低い給料だ」という事を知らないだけなんです。

例えば介護・保育などの業種は、あたかも年収300万以下が普通かのように人材を使っていますが、そんな職場にいても時間を安売りするだけです。

老人ホームや保育園などを運営する目標でもないかぎり、スキルやキャリアも身につかない。安月収でこういった職に就くのは精神をすり減らすだけ、時間の無駄です。

目を覚まして転職しよう!

日本は、かつて世界第二位の経済大国と言われた国。この国の正社員なら、どんな人でも年300万円以上は稼げるのが当たり前なんです。

もし、あなたが30代で年収300万円に届かないのなら、それは会社に問題があります。あなた自身のスペックの問題ではありません。

「まともな年収をゲットするために行動しなかった」という点においては反省すべきですが、30代のうちであれば一念発起して挽回することが可能です。

あなたが30代で、年収300万円に満たないのであれば、今すぐ転職することをオススメします。しかし転職するといっても何から始めれば良いのかわかりませんよね?

転職して高給与を目指すなら、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントとは、利用の流れ等

転職エージェントは、求人募集企業と求職者のマッチングしているサービスのことです。

登録すると転職に関する相談に乗ってもらえます。ほんとんどの場合は、

ウェブサイトから登録

↓ ↓ ↓

電話・メールでの面談日程調整

↓ ↓ ↓

来社して面談・カウンセリング

↓ ↓ ↓

エージェントから求人の紹介

↓ ↓ ↓

(あなたの希望に添うなら)求人募集企業との面接!

という流れになります。

転職エージェントはかつては大卒の中でも優秀な人たちのためのサービスでした。しかし最近では特に学歴・職歴がパッとしなくても利用しやすくなっています。第二新卒でも利用可能です。

利用し始めると実感できるのですが、なかなか至れり尽くせりで「内定が取れたらお金を請求されるんじゃないか?」と不安になると思います。

ところが、転職エージェントは、求職者に内定が出たら、求職者の月収の半月分~1月分ぐらいの成功報酬がもらえるビジネスモデル。求職者がお金を取られるという事はないです。

求職者は無料でサービスを受けられる。求人募集企業は金は掛かるが、少ない労力でポジションにマッチした求人が獲得できる、というウィンウィンなシステ厶なんです

なのに未だに「優秀な経歴やキャリアがないと利用できないのでは?」 と敬遠する人は少なくないです。

しかし昨今は、労働人口は少なくなってきて、どの会社もマンパワーが足りていない状況。

「あなたは学歴・職歴がしょぼいので転職エージェントは利用できません」なんて言われる事は稀です

誰でも安心して転職エージェントに登録することができます。

転職エージェントは大手2社がオススメ

転職エージェントと言っても日本には星の数ほどエージェントがあります。どこを利用すれば良いのか、ほとんどの人が悩むでしょう。

どこに登録しようか迷ったら、先ずは業界トップの2社を検討することをオススメします。

リクルートエージェント

業界第1位の転職エージェント。とにかく案件数が豊富。コンサルタントもスピーディーで一流な粒ぞろいで、大企業との契約数が最も多い。

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。
リクルートエージェント公式サイト

パソナキャリア

業界第2位レベルの転職エージェント。リクルートに次ぐ業界2位は多数ありますが、歴史が長くコンサルタントが親切との定評があるのがパソナキャリア。

人材業界大手のパソナグループが運営している転職エージェント。1976年の創業以来「社会の問題点を解決する」という企業理念のもと、年齢・性別を問わず誰もが自由に仕事を選択し、働く会を得て、豊かになるための社会インフラを構築しています。
パソナキャリア公式サイト

リクルートもパソナも保有する求人数は全国で数万件以上です。

第二新卒から幅広い年齢層までの転職に対応しています。大手関連会社など安定した求人を多数かかえています。

紹介料がそれなりに掛かってくる大手2社に広告を出せる企業は、財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

それだけ紹介料を出してるということは、投資して本気で良い人材を探しているということ。就職すれば手厚い待遇で、長期的なキャリアを見据え迎え入れてくれる会社も少なくないです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップも見込めます。

大手転職エージェントでは、粗悪な求人が少なく優良案件が多いので、安心して利用できます。カウンセラーにも相談しながら自分に合った職のアドバイスなどもしてくれる点もよいです。

案件数が豊富で、エージェントも厳選してくれるので、自分の意向を伝えれば、納得のいく求人が見つかるはずです。

1社ではなく2社に登録しておくべき理由

大手転職エージェントは、リクルートかパソナ、大手1社に登録しておけば良いという人もいます。

しかし、転職エージェントのカウンセラーも人間です。

大手といっても担当者の性格や質も人それぞれ。良い担当者に当たることもあれば、イマイチな人に当たることもあります。万一イマイチな担当者に当たったら別のエージェントにすぐに乗り換えられる。

だから1社だけより2社に登録しておくのが、オススメなんです。

大手の転職エージェントは、その道のプロですが、すべての転職エージェントの担当者が、あなたに合うとは限りません。

ダメなものはダメだと割り切って、別エージェントに乗り換える思い切りも時には必要。そのため、いつでも切り替えられるよう大手2社に登録しておくことをオススメします。

私も大手2社に登録していた際に、一方の動きが早くもう一方はレスポンスが遅かったので、親身に素早い対応をしてくれる一方に絞った経験があります。

リクルートやパソナに登録するには、公式サイトに行って情報を入力するだけ。

リクルートエージェント登録ページ
パソナキャリア登録ページ

その後は放置していても、向こうからメールなり電話なり連絡がきます。そして面談日を決めて来社という流れが一般的です。

そしてカウンセリングをしてどんな職種に興味があるのか伝えて後日、意向に合わせた求人のオファーがメールなどで送られてきます。

一旦登録をしてカウンセリングを受けてしまえば、自動的に求人情報が送られてくるので、求人を探して応募する手間が省けます。

少しでも転職を考えているのなら、登録してみることをオススメします。登録と利用は最初から最後まで完全無料です。

給料は『働く場所』に左右される

この社会には主体性なく、ブラック企業に勤めながら、

「頑張ってるのに、なぜ給料上がらない」
「俺は能力があるからもっと給料をもらうべきだ」

なんて事を言う人がいますが、そういう人は行動もせずに文句だけ言うバカタレです。今スクリーンの前にいる貴方も、このような言動をした事があるのなら赤信号ですよ!

しかし、たとえ今給料がやすく満足していなくても悲観しないでください。

なぜなら元人事の私から言わせれば、給料というものは8割が『労働者がいる場所』に左右されるからです。

極端な例になりますが、マクドナルドのビッグマックのみの価格は、世界で最も高い国はスイスで、その額なんと約700円。一方でロシアでは200円以下で。

スターバックスのラテ(グランデサイズ)の価格も、最も高い国はスイスで750円。一方でブラジルなら何と150円程度で買えます。

こういった物の価格のように、あなたの給料も「貴方の能力」より「貴方のいる場所(業界や地域)」に依存する割合の方が遥かに高いのです!

なので、少しでも給料や待遇に不満があるなら、文句を言う前に一歩踏み出してみる事をオススメします。登録は5分程度で完了、利用は最初から最後まで完全無料です。

リクルートエージェント公式サイト
パソナキャリア公式サイト

タイトルとURLをコピーしました