30代で月収20万程度ならワープアなので正社員でも今すぐ転職すべき。年収250万~300万がワープアである理由とは!?

転職論

日本の大卒初任給は20万円前後、手取りとなれば10万円代になる人も少なくないです。

もちろん新卒はスキルも経験もないので、企業もそこまで給料をあげることはできません。

しかし、普通の企業で真面目に働いていれば30代近くにもなれば、月収が30万円になるのが普通です。年齢が30代で手取り月収が20万程度の人はワープアで間違いありません。

一般的に日本人の月収は「年齢×1万円」、それに加えて年に3ヶ月分のボーナス分だと言われています。年収で計算するなばら「年齢×15万円」で、これはかなり現実的な数字です。

現に平成28年度の国税庁の調査では、働き盛りの30代の平均年収は、450~500万円で推移しています。

国税庁-年齢階層別の平均給与

年齢が20代前半なら300万円という年収もありでしょうが、30代を超えても、年収300万代の水準だと、間違いなくワーキングプアに位置づけられます。

現代社会の「奴隷」と言っても過言でなありません。

今回は、その理由を説明します。

何故30代で年収300万以下が存在するのか?

正社員であっても、ボーナスがでなかったり、1ヵ月分以下の場合は、年収250~300万円代になってしまうことがあります。

この傾向は「小売り」「介護」など、多くの利益が見込めない業種に多いです。こういった儲からない業種では、経営者は人件費を切り詰めて運営せざるを得ないからです。

このような業種で働いてる人は、たとえ経験やキャリアを積んで実績を残しても昇給はスズメの涙で、責任ばかり重くなっていきます。

比較的儲かりやすいメディア関係の仕事でも、若手クリエイターの場合は、年収の格差が激しい。そういう待遇で働いている人は…

「好きな事をしているんだから我慢しろ!」
「大事なのは金じゃない、やり甲斐だ!」

このような言い訳で、搾取されている場合がほとんどです。

こういった理由により、平均年収の高い都内であっても年収250~300万のに甘んじている人は実際に存在します。

派遣社員・契約社員よりも待遇の悪い正社員

ぶっちゃけ年収250~300万の正社員は、派遣社員・契約社員のような非正規よりも待遇が悪い場合が多いです。

たとえば派遣社員・契約社員などあれば、ボーナスが出なくとも年収300以上にはなります。

もちろん契約や派遣は、正社員より不安定な職種ではありますが、残業をしようものなら必ず手当は出るし、会社もそれを分かっているので、基本的に残業はさせません。

一方で正社員だと、雇用が安定しているため多少のサービス残業や休日出勤は当たり前です。

雇われている側もそれを分かっているので、正社員という立場を維持するため、残業や休日出勤には耐えることがほとんど。

それでも年齢が30代前半で年収400万円ぐらい貰えてるのなら、会社に奉仕する価値はあるかもしれません。

しかし年収250~300万のワープア正社員は、残業などすべきではありません!そんな労働者を搾取している余裕のない会社に居続けても、今後たいした昇給は望めないからです。

雇用が安定しているとはいえ、年収が派遣社員・契約社員以下だとまったく意味がない。せいぜいメリットといえば「簡単にクビにされない」「正社員として履歴書に記載できる」ぐらいでしょう。

それだけのメリットのために、あなたの貴重な時間を会社に捧げる必要はないんです。

30代で月収20万程なら完全にワープア

たとえば地方であったり、周りに低収入の人しかいない環境なら、年収250~300万に甘んじている人も少なくないかもしれません。

若ければ親や上司から…

「金を稼ぐのは簡単じゃないんだ!」
「皆それぐらいの給料なんだ贅沢は言うな!」

なんて言われたりするかもしれません。

しかし、そういう人たちは単純に外の世界を知らないだけで「年収300万円以下があり得ないほど低い給料だ」という事を知らないだけ。

たとえば、介護や保育などの業種では、あたかも年収300万如何普通かのように人材を搾取していますが、そんな職場にいても時間を安売りするだけになります。

老人ホームや保育園などを運営する目標でもないかぎり、スキルやキャリアも身につかない。

ぶっちゃけ安月収でこういった職に就くのは精神をすり減らすだけ、時間の無駄です。

普通の企業なら新卒年収300万円が当たり前

普通の企業なら、新卒でも年収300万円がスタートライン。30代にそれ以下の給料しか出せない会社は異常です。

年収300万円以下は、スキルや技術を見つけるため修行といった側面がないなら、明らかに搾取です。

学生バイトでも、時給の高い職種でその気になって働けば、年収300万円はすぐに到達します。

それなのに正社員に年収300万円以下しか出せない会社では、経営者が甘えているに過ぎないんです。

昨今ネットやテレビなどのメディアでは、正社員がいかに素晴らしい立場であるかを強調してますが、正社員でも年収300万円以下なら「名ばかり正社員」もいいところ。

正社員という甘い飴を吊るして、それを良い事に搾取しているだけだ。

イメージしてください!

たとえば、あなたが男性で正社員で所帯を持ったとしよう。妻がいるし、子どももいる。そんな状態で年収300万円以下のあなたが…

「妻や子供を養えますか?」
「子供の教育費を払えますか?」
「家を購入できますか?」
「将来のために貯蓄できますか?」
「離婚せずに済みますか?」

それ以前に、そんな安月収では結婚や恋愛すらも、ままなりませんよね!

たとえ女性でも、昨今は男性も金銭面でシビアになってきています。専業主婦やワープア女子を養ってくれるような羽振りの良い男性は、現代ではそうはいません。

高スペック高収入の男性は、高給の正社員女性と、年収300万円以下の正社員女性、二人から選べるなら、間違いなく前者を選ぶでしょう。

年収が高い女性ほど高学歴で知的な場合が多く、高スペック男性も話していて楽しいと感じるからです。

このように、男性であれ女性であれ、正社員でも30代で年収300万円以下なら、明らかな負け組であり明るい未来はないといえるのです。

もし、あなたが20代後半、30代で年収250万~300万なのなら、今すぐ転職してください。でないと後悔することになります。

目を覚まして転職しましょう!

日本は、かつて世界第二位の経済大国と言われた国。この国の正社員なら、どんな人でも年300万円以上は稼げるのが当たり前なんです。

もし、あなたが30代で年収300万円に届かないのなら、それは会社に問題があります。あなた自身のスペックの問題ではありません。

「まともな年収をゲットするために行動しなかった」という点においては反省すべきですが、30代のうちであれば一念発起して挽回することが可能です。

あなたが30代で、年収300万円に満たないのであれば、今すぐ転職することをオススメします。しかし転職するといっても何から始めれば良いのかわかりませんよね?

転職といえば「ハローワーク」をイメージするかもしれませんが、ハロワは粗悪な求人も多く、職員もやる気がないのでオススメできません。

たとえば、ハローワークで求人票には「通信コンサル」「月収26万」と記載されてたから決めたのに、実際に就職してみると「マンション訪問営業」「月収15万」だった。

「嘘だろ?」と思いたくなりますが、実際にそんな求人があるのがハローワークです。

失敗する確立が高いハローワークで転職を試みるより、しっかり将来を見据えて転職をサポートしてくれるプロの集団「転職エージェント」を利用することをオススメします。

日本の転職エージェント TOP2

転職エージェントとは、転職を希望者に対して転職活動のサポートを行う会社や担当者のこと。しかも何と利用料金は無料なんです。

日本には星の数ほど転職エージェントがあるのですが、どこに登録しようか迷ったら、とりあえず業界トップの2社を検討してみてください。

リクルートエージェント

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

リクルートエージェント公式サイト

DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する日本最大級のエージェントサービス。ドゥーダの他にも、インテリジェンスは様々な業種に特化した転職サイトやアルバイト・パートの求人情報an、女性向けの求人情報salidaなど求職者のニーズに合わせた幅広い人材紹介サービスを展開しています。

DODA(デューダ)公式サイト

リクルートエージェントもデューダも保有する求人数は全国で10万件前後。第二新卒から幅広い年齢層までの転職に対応しています。大手の関連会社など安定した求人を多数かかえています。

紹介料がそれなりに掛かってくる大手2社に広告を出せる企業は、それなりに財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

また、それだけ紹介料を出しているということは、それだけ投資して本気で良い人材を探しているということ。

就職すれば手厚い待遇、長期的なキャリアを見据えて向かい入れてくれるところも少なくないいです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップみ見込めます。

案件数が豊富でエージェントも厳選してくれるので、自分の意向を伝えれば、納得のいく求人が見つかる可能性が高まります。

しかし、転職エージェントのカウンセラーも人間。大手といっても担当者の性格や質も人それぞれです。よい担当者に当たることもあれば、これは外れだ、という人に当たることもあるでしょう。

もし、イマイチという担当者に当たったら、別のエージェントに当たってみるのもよいです。大手の転職エージェントは、その道のプロです。しかし、すべての転職エージェントの担当者が、あなたに合うとは限りません。

ダメなものはダメだと割り切って、別エージェントに乗り換える思い切りも時には必要。そのため、いつでも切り替えられるよう大手2社に登録しておくことをオススメします。

私も大手2社に登録していた際に、一方の動きが早くもう一方はレスポンスが遅かったので、親身に素早い対応をしてくれる一方に絞った経験があります。

RECRUIT AGENTI(リクルートエージェント)とDODA(デューダ)に登録するには、公式サイトに行って情報を入力するだけ。

リクルートエージェント登録ページ
DODA(デューダ)登録ページ

その後は、ほったらかしにしていても、向こうからメールなり電話なりで連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

そしてカウンセリングをしてどんな職種に興味があるのか伝えて後日、意向に合わせた求人のオファーがメールなどで送られてきます。

一旦登録をしてカウンセリングを受けてしまえば、自動的に求人情報が送られてくるので、求人を探して応募する手間が省けます。

少しでも転職を考えているのなら、登録してみることをオススメします。登録と利用は最初から最後まで完全無料です。

給料は『働く場所』に左右される

この世には主体性なくブラック企業に勤めながら、

「なぜ頑張ってるのに給料上がらないんだ」
「俺は仕事ができるから高い給料をもらうべきだ」

なんて事を言う人がいますが、そういう人は行動もせずに文句だけ言うバカタレです。今これを読んでいる貴方も、このような言動をした事があるのなら赤信号ですよ!

しかし、今あなたの給料が安く満足していなくても、悲観しないでください。

なぜなら元人事の私から言わせれば、給料というものは8割が『働く場所』に左右されるからです。

極端な例になりますが、マクドナルドのビッグマックのみの価格は、世界で最も高い国はスイスで、その額なんと約700円。一方でロシアではたったの200円以下です。

スターバックスのラテ(グランデサイズ)の価格が、最も高い国はスイスで750円。一方でブラジルなら何と150円程度で買えます。

こういった物価のように、あなたの給料も「あなた自身の能力」より「働いてる場所(業界や地域)」に依存する割合の方が遥かに高いのです!

なので少しでも給料や待遇に不満があるなら、文句を言う前にサクッと転職してしまう事をオススメします。登録は5分程度で完了、利用は最初から最後まで完全無料です。

リクルートエージェント公式サイト
DODA(デューダ)公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました