新型コロナウイルス疾患による休みも対象!傷病手当金をご存知ですか?

給付金
この記事は約3分で読めます。

コロナに掛かり休まざるを得なくなった。有休がないから、休んでる間は給与が支給されない。

こんな風にお悩みの方は、健康保険組合に「傷病手当金」という給付金を請求できます。

傷病手当金とは、業務外の怪我・病気などで仕事を休まざるを得ず、会社から給与も支給されない場合、受け取れる給付金のことです。

新型コロナウイルスや、インフルエンザやの疾患でも、もちろん対象です。

傷病手当は、失業保険の類と勘違いされがちです。しかし健康保険のなかの制度なので、健康保険の被保険者であれば請求が可能です。

傷病手当金の支給要件

傷病手当金が支給されるためには、以下の①~④の条件に当てはまる必要があります。

①業務外の事由による病気・怪我の為の休業

通勤中や業務上での事由のものは労災保険の給付対象なので、傷病手当金の対象外です。

その治療が健康保険の適用かどうかは関係なく、仕事に就くことができない証明がある場合は対象になります。

病気や怪我とみなされない美容整形などは対象外です。

②仕事に就くことができない状態であること

仕事に就けないかどうかの判断は、被保険者の仕事内容などを考慮したうえで、総合的に判断されます。

たとえば車の運転ができない状態の場合、仕事がタクシードライバーの場合は、仕事ができないと見なされるでしょう。

一方で同じ状態でも、デスクワークが仕事の場合は、判断が異なってくる可能性があります。

③連続する3日間を含んだ4日以上しごとに就けなかった

連続3日間を療養目的で休んだあと、4日目以降の仕事に就けない間に対して支給されます。

この連続する3日間(待機期間)は、土日祝日や有給休暇などを含めることができ、たとえば下記の例では、青色が待期期間赤色が支給対象になります。

出勤 休み 休み 休み 休み 休み 休み 休み 休み
休み 休み 休み 出勤 休み 休み 休み 休み 休み
× 休み 休み 出勤 休み 出勤 休み 休み 出勤 休み

土日祝日や有給などを組み合わせても良いので、3日の待期期間があることが前提です。

④休業した期間の給与の支払いがないこと

傷病手当金は、病気・怪我による療養中の生活保障を行うことが目的なので、給与支給の対象となる有給休暇は対象外です。

但し給与の支払いがあっても、傷病手当の額よりも少ない場合は、差額が支給されます。

あくまで病気・怪我が原因で休業せざるを得なくなった上に、会社からの保障が得られない場合に支給される給付金です。

傷病手当金は忘れずに請求しよう

現在、新型コロナウイルスは誰もが感染する可能性のある身近な疾患となりました。

もしコロナで休まざるを得なくなり、有給休暇も残っていない場合は、今回紹介した傷病手当の要件を思い出し、請求する事をオススメします。

なお、支給される傷病手当金の額は、標準報酬日額の3分の2です。

たとえば月収30万円の人が、3日間の待期期間のあと、5日間の給付を受ける場合は、以下のように計算できます。

月収300,000円 × 1/30 × 2/3 × 5 = 33,333円

月収30万円の人にとっての33,333円、なかなか侮れない金額ではないでしょうか?

有給休暇が使えるなら、それに越したことはないですが、有給が使えないなら、ぜひ傷病手当金を思い出し利用してみてください。

なお傷病手当の時効は2年間なので、過去に休んだ日付に対しても、該当するなら請求できます。

また傷病手当は最大1年半受給することが可能で、失業保険と合わせて受け取ることもできます。

下記の記事では、退職する前提での傷病手当の受け取り方を解説しているので、対象になりそうな方は目を通してみてください。

失業保険が18ヶ月は本当?給付を通常の10倍受けとる方法を解説【給付金サポート】
失業給付を18ヶ月間もらう方法があるって本当? 日々あくせく働くなかでの労働は、非常に辛いですよね。 それでも、勤務先がホワイト企業なら良いですが、残念ながら我が国には、ブラック企業が蔓延っているのが現状です。 ...