【5分で読める】転職エージェントおすすめ3選!

ハローワークのメリット3選!ハロワで転職を考える人が知っておくべきこと!

転職
この記事は約6分で読めます。

仕事やめたら失業保険の手続きのため訪れるのはハロワーク、その流れで…

転職もハローワークでするか?

と考える人は少なくないです。

そこで今回は、ハローワークで転職を考える人が知っておくべきことを紹介します。

ハローワークのメリット

ハローワークは、国が運営する国内最大の転職紹介施設。

仕事を紹介する他に「失業保険の手続き」「商業訓練」なども行っていますよね。

そんなハローワークには以下のメリットがあります。

1.求人数が日本最大

会社は無料で求人を出すことができるため、ハローワークには膨大な求人があります。

日本全国に540ヵ所も事務所があるため、どこにいようが利用が可能、誰でも無料で利用ができます。

そのため、ハローワークには約80万以上の求人があり、日々その数も増え続けてます。

2.職業訓練が受けられる

ハローワークには求職者支援制度があるので、誰でも無料で職業訓練が受けられます。

昨今ITスキルに需要があるため、プログラミング等の職業訓練を受けて、エンジニアとして就職している人も多いです。

雇用保険を貰いながら、職業訓練を受けられるのもハロワの最大のメリットです。

3.採用通知は必ず貰える

個人で転職活動すると、結果通知お祈りメールさえ来ない事がありますよね。

しかしハローワークでは応募求人には、担当者経由で必ず合否の結果が知らされます。

合否結果を無駄に待ち続ける必要がなくなるので、不採用だったとしても、すぐ次に切り替え可能です。

ハローワーク以外の仕事の探し方

このように、ハローワークには様々なメリットがありますが、ハローワーク以外にも、転職エージェントを使った仕事の探し方もあります。

転職エージェントとは、求人募集企業と求職者のマッチングしているサービス。登録すると、プロの担当者が、求人情報紹介やアドバイス、面接サポートなどしてくれます。

ほんとんどの場合は、

  • STEP1
    ウェブサイトから登録
  • STEP2
    電話・メールでの面談日程調整
  • STEP3
    来社して面談・カウンセリング
  • STEP4
    エージェントから求人の紹介
  • STEP5
    (あなたの希望に添うなら)求人募集企業との面接!
という流れになります。

かつては大卒の中でも優秀な人たちのためのサービスでしたが、最近は学歴・職歴がパッとしなくても利用しやすくなってます。

転職エージェントは数えきれない程ありますが、どこに登録しようか迷ったら、業界最大手かハイクラス向けエージェントを検討しましょう。

転職エージェントは、求職者が内定したら成功報酬がもらえるビジネスモデル。なので中途半端なエージェントを利用したら、下降転職させられる恐れがあるからです。

以下の業界最大手とハイクラス向けエージェントなら間違いないです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで、とにかく案件数が豊富です。コンサルタントもスピーディーで一流な粒ぞろいで、大企業との契約数が最も多いです。

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。
創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

JACリクルートメント

JACリクルートメント』は、ハイクラス向け転職エージェントです。大手企業や外資系の案件が多く、登録へのハードルは高いですが、高年収が望めるエージェントです。

JACリクルートメントは、日本で30年近くの歴史を持つ転職エージェント。
豊富な支援実施気にもとづく転職ノウハウでサポートする転職支援のプロフェッショナルです。
マネジメント・専門職の転職支援に強く、業界・職種別コンサルタントがサポートします。

紹介料が掛かってくるリクルートやJACに広告を出せる企業は、それなりに財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

それだけ紹介料を出せるという事は、投資して本気で良い人材を探しているということ。就職すれば手厚い待遇、長期キャリアを見据えて迎え入れてくれる会社も多いです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップも見込めます。

リクルートとJACどちらに登録すべきか?

リクルートは業界最大の規模で案件数が豊富なので、誰にとってもオススメできる転職エージェントです。

登録も、公式サイトに行って情報を入力するだけで、放置してても向こうからメールなり電話なり連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

その後カウンセリングで職種に興味があるのか伝えると、後日意向に合わせた求人のオファーがメールで送られてきます。

JACも登録方法は同じですがハイクラス特化エージェントであるため、キャリアがないと登録を断られる可能性があります。

目安は年収500万円とハードル高めですが、仕事が紹介可と判断されれば、上昇転職で給与アップが臨めます。

一旦登録をしてカウンセリングを受ければ、カウンセラーが求人を厳選してくれるので、求人を探して応募する手間が省けます。

登録と利用は完全無料なので、両方のエージェントに登録しておきたいです。

登録はこちら(リクルート)
登録はこちら(JAC)

給料は『働く場所』に左右される

この社会には主体性なく、ブラック企業に勤めながら、

頑張ってるのに、なんで給料上がらないの?

俺は能力があるから、もっと給料をもらうべきだよ

なんて事を言う人がいますが、そういう人は行動もせずに文句だけ言うバカタレです。

今スクリーンの前にいる貴方も、このような言動をした事があるのなら赤信号ですよ!

しかし、たとえ今給料がやすく満足していなくても悲観しないでください。

元人事の私から言わせれば給料というものは8割が『労働者がいる場所』に左右されるからです。

極端な例ですが、マクドのビッグマックの価格は、世界で最も高い国はスイスで、その額なんと約700円。一方でロシアでは200円以下です。

スタバのラテ(グランデサイズ)の価格も、最も高い国はスイスで750円。一方でブラジルなら、なんと150円程度です。

物の価格のように、あなたの給料も「貴方の能力」より「貴方のいる場所(業界や地域)」に依存する割合の方が遥かに高いのです!

なので、少しでも給料や待遇に不満があるなら、文句を言う前に一歩踏み出してみる事をオススメします。

登録は5分程度で完了、利用は最初から最後まで完全無料です。

リクルートエージェント公式サイト
JACリクルートメント公式サイト

タイトルとURLをコピーしました