【最新版】日本の年収中央値はいくら?平均年収と中央値年収の違いを解説!

転職
この記事は約8分で読めます。

私の年収、中央値くらいはあるのかな?

年収中央値は、いくらぐらいなんだろ?

平均年収は、皆さんが想像する額より高くなる、という事は有名ですよね。

しかし、具体的な平均年収・中央値年収や、手取り額などについてはご存知でしょうか?

今回は、年収の額面と手取り、日本の平均年収・中央値年収を紹介します。

年収の額面と手取り

年収は業種や雇用形態により、支給額が大きく異なります。

会社員にとっては、年末年始に会社から支給される源泉徴収票にあたる支払い金額(年間支給総額)が年収です。

社会保険料や所得税・住民税など税金関係を差し引かれる前の金額が対象です。

住宅ローン・クレジットカードなどの申し込みをする場合は、社会保険料などを差し引く前の年収で申告することになりますよね。

しかし手取り額は、社会保険料や所得税などが差し引かれた額で、この手取り額が金融機関に給与として振り込まれます。

住民税の場合は、確定済みの金額を差し引かれることになるのですが、所得税の場合は見込みで差し引かれるので、年末調整で還付されます。

ボーナスが支給される会社では、ボーナスも年収の中に含まれ、残業代や住宅手当などの諸手当もすべて含まれます。

通勤手当は、月額10万円まで非課税になるので、課税の対象にはなりません。

しかし、10万円を超える通勤手当の場合は、課税対象になり、給与と通勤手当が合算されている場合も課税の対象になります。

自営業者の場合は、年間の売り上げから経費を引いた額が年収になります。

自営業者は、会社員とは違い、商品を仕入れる費用や家賃・人件費などの経費がかかるので、これらの経費を差し引いた額が対象です。

この差し引いた額に課税されて税金を納めます。

会社員のように源泉徴収などがないので、自身で確定申告を行う必要がありますが、課税対象とならない経費を自分でコントロールできるメリットもあります。

昨今は、マイクロ法人を作り、この節税メリットを利用する会社員も増えています。

会社員の平均年収

国税庁の「令和元年分の民間給与実態統計調査」によると、正社員と非正社員の給与は以下の通りで、非常に差があります。

平均年収
正社員 503万円
非正社員 173万円

正規雇用と非正規雇用ではこんなに差がでてきてしまうことも社会問題化になっています。

また、日本全体・男性・女性の平均年収は以下の通りです。

平均年収
全体 436万円
男性 540万円
女性 296万円

男女の間にも格差が生まれているのが分かりますね。

女性の平均年収が低い理由は、労働時間の短さやパート・アルバイトなどの雇用形態のためです。

とはいえ、平均年収は、本当に国民の平均を表している訳ではありません。

医師など年収1,000万円を超えるような職種が平均値を上げてしまうので、単純に平均値をとっても、実際の感覚値とは大きく乖離するのです。

例えば1人が1億円で、後の99人が0円でも平均の額が100万円になってしまうのです。

これでは平均の数値とは言えないので、中央値を用いることでより正確な平均値を算出できるようになります。

会社員の中央値年収

中央値は、全体のほぼ真ん中の数値を導きだす、実情に即した年収計算の方法です。

簡単にいえば、極端に高い数値と極端に低い数値を除外し、真ん中の数値を見て計算するということ。

この計算方法で年収を計算すると、平均年収・中央値の金額に差が確認できますが、中央値の方がより平均に近い数値になります。

日本人の中央値年収は、以下の通りです。

中央値年収
正社員 409万円
非正社員 226万円

平均年収ほどの際はないにしても、中央値年収でも、正社員と非正社員では大きな中央値年収の開きがあります。

また、日本全体・男性・女性の中央値年収は以下の通りです。

中央値年収
全体 370万円
男性 425万円
女性 315万円

このようにみると、中央値年収でも男女間で、大きな格差が生まれている事が分かります。

中央値年収は、年齢での差も大きく、20代男性は約290万円ほど、20代女性は約271万円程です。

平均年収を見ると自分の収入が少ないと感じる人が多いかもですが、、中央値年収を見ると妥当な金額になるかもしれません。

ある一定数の方の収入がとても多いと、その金額を混ぜて平均値を出すと数値が高くなるので、本当の平均の額にはならないです。

年収をアップさせるには

今の年収に不満があるなら、転職での年収アップがオススメです。

同じ業種でも転職をすると収入がアップする場合もあるので、自分が稼いでいるお金が中央の値の以下の場合は転職などをして、収入を増やすことが可能になります。

地方の場合は賃金が安くなり、首都圏などの都心部の賃金は高い傾向にあります。

都心部が高いには理由があって、地方よりも物価が高いので、賃金も高くなっています。

このように地方と都心部でも会社から支給される額が変わってくるので、実際に平均の金額を出すことは難しいです。

平均年収の場合は、人によって大きな差がでてしまいます。

平均の数値とはいえど実際に数値よりも高く算出されてしまうので、実感することができる数値にならないのです。

中央の値で計算すると、高所得者が混じっていても中央の数値で判断するので、全体の数値には大きな影響を与えないことでより実感することができる数値になります。

転職は専門家に丸投げがオススメ

年収アップのため転職するなら、転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントは数えきれない程ありますが、どこに登録しようか迷ったら、業界最大手かハイクラス向けエージェントを検討しましょう。

転職エージェントは、求職者に内定が出たら成功報酬がもらえるビジネスモデル。そのため中途半端なエージェントを利用したら、下降転職させられる恐れがあるからです。

以下の業界最大手とハイクラス向けエージェントなら間違いないです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで、とにかく案件数が豊富です。コンサルタントもスピーディーで一流な粒ぞろいで、大企業との契約数が最も多いです。

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。
創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス向け転職エージェントです。大手企業や外資系の案件が多く、登録へのハードルは高いですが、高年収が望めるエージェントです。

JACリクルートメントは、日本で30年近くの歴史を持つ転職エージェント。
豊富な支援実施気にもとづく転職ノウハウでサポートする転職支援のプロフェッショナルです。
マネジメント・専門職の転職支援に強く、業界・職種別コンサルタントがサポートします。

リクルートとJACどちらに登録すべき?

紹介料が掛かってくるリクルートやJACに広告を出せる企業は財政も安定しています。審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

それだけ紹介料を出せるという事は、投資して良い人材を探しているということ。就職すれば手厚い待遇、長期キャリアを見据えて迎え入れてくれる会社も多いです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップも見込めます。

しかし、リクルートとJACの、どちらに登録すれば良いのでしょうか?

リクルートは業界最大の規模で案件数が豊富なので、誰にとってもオススメできる転職エージェントです。

登録も、公式サイトに行って情報を入力するだけで、放置してても向こうからメールなり電話なり連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

その後カウンセリングで職種に興味があるのか伝えると、後日意向に合わせた求人のオファーがメールで送られてきます。

JACも登録方法は同じですがハイクラス特化エージェントであるため、キャリアがないと登録を断られる可能性があります。

ハードル高めですが、仕事が紹介可と判断されれば、上昇転職で給与アップが臨めます。

つまりリクルートは全ての人に、JACはハイキャリアの人にオススメと言えます。

登録はこちら(リクルート)
登録はこちら(JAC)

登録と利用は無料なので、複数登録で金銭的負担が増えることはありません。

給料は『働く場所』に左右される

この社会には主体性なく、ブラック企業に勤めながら、

頑張ってるのに、なんで給料上がらないの?

俺は能力があるから、もっと給料をもらうべきだよ

なんて事を言う人がいますが、そういう人は行動もせずに文句だけ言うバカタレです。

今スクリーンの前にいる貴方も、このような言動をした事があるのなら赤信号ですよ!

しかし、たとえ今給料がやすく満足していなくても悲観しないでください。

元人事の私から言わせれば給料というものは8割が『労働者がいる場所』に左右されるからです。

極端な例ですが、マクドのビッグマックの価格は、世界で最も高い国はスイスで、その額なんと約700円。一方でロシアでは200円以下です。

スタバのラテ(グランデサイズ)の価格も、最も高い国はスイスで750円。一方でブラジルなら、なんと150円程度です。

物の価格のように、あなたの給料も「貴方の能力」より「貴方のいる場所(業界や地域)」に依存する割合の方が遥かに高いのです!

なので、少しでも給料や待遇に不満があるなら、文句を言う前に一歩踏み出してみる事をオススメします。

登録は5分程度で完了、利用は最初から最後まで完全無料です。

リクルートエージェント公式サイト
JACリクルートメント公式サイト