ハローワーク(職業安定所)でも中小優良企業の案件がある?ハローワークでホワイト企業を探す方法!

転職論

「ハローワーク」と聞くと、どうしても仕事の見つからない人行く暗いイメージですよね?

他の転職媒体とは違いハローワークでは求人を出すのが完全無料。そのため吹けば飛ぶような中小企業・ブラック企業の求人がはびこっているのが現状です。

おまけにハローワークの事務員もノルマなどないお役所仕事なので適当。仕事に関する相談も上から目線で事務的で、腹が立つだけですよね!

ぶっちゃけ「ハローワーク=失業保険を申請するだけの場所」というイメージですよね。

しかし「リクナビ・マイナビなどの大手なら、きちんと広告費を払ってるから大丈夫だろう」なんて思って大手転職サイトだけを利用していると、痛い目に合うかもしれません。

実は、やりようによってはハローワークでも優良求人を見つけることができるのです!

本稿では、ハローワークでホワイト求人を探すべき理由と探し方ついて案内します。

ハローワークはライバルが弱い

ハローワークに行ったことがある人なら実感できると思いますがハローワークには、

  • 転職サイトも知らないような情報弱者
  • 生気の抜けたやる気のない人
  • 冷やかしで来ている人
  • 履歴書もかけない人

なんかも来ていますよね。行くだけで生気が抜き取られるような気分になります。

しかし、貴方がそんな中にいけば、彼らが引き立て役となって相対的にあなたの価値が上がることは間違いないです

一方で大手転職サイトなら、ライバルも経験者が多く意欲も高いです。求人コストも掛かっているので、面接官も慎重になって高望みするかもしれません。

ですがハロワなら、そもそも求人コストもあまり掛かっていないため、企業も高望みはせず、採用までのハードルが低いのが特徴です。

ハロワーク
・ライバルが弱い⇒自分が引き立つ
・求人広告無料⇒企業は高望みしない

大手転職サイト
・ライバル強い⇒自分が埋もれる
・求人広告優良⇒企業は高望みをする

という事になります。しっかり自分の立ち位置を考えて、ハローワークか大手転職サイトを利用するか考える必要があります。

ハローワークにホワイト求人が先に載る

自分が優良企業の人事であるとイメージしてみてください。

ホワイトな職場の人事である貴方が、退職者の穴埋めのため求人を出す時の択肢は以下です。

  • 自社サイト:掲載は無料
  • 大手転職サイト:掲載は有料
  • ハローワーク:掲載は無料

あなたなら先ずどこに掲載しますか?

自社サイトに載せて人がこれば良いですが、よほど影響力の大きい大企業でないと難しいでしょう。そこで「先ずは無料であるハローワークに載せてみようかな」と思うはずです。

そして、ハロワに一定期間のせても反応がない、採用できる人がいない、となった場合に初めて有料で転職サイトに載せます。

つまり、ハロワには大手転職サイトより優良求人が早く載るんです!

ですが、ハロワでの転職成功談ってあまり聞かないですよね。一体なぜなのでしょうか。

ハローワークの職員は、ホワイト求人に慣れておらず、滅多に来ないホワイト企業の求人票の内容はあまりチェックしません。

つまり優良企業の求人票の内容がスカスカ。そのままハローワークでは希望者も見つからず、という状態に陥るのです。

一方で、労働者を搾取しまくりたいブラック企業は、しつこく無料のハロワに頼ろうとするため、求人票の内容を充実させてくる傾向があるんです。

その結果、ハロワでは休職者はブラック企業ばかりに応募し、ホワイト企業には見向きもしない。ホワイト企業は人材が見つからず転職サイトに切り替える、という流れになるんですよね。

ハローワークでホワイト求人を探す:その①

こららを踏まえて、ハローワークでホワイト求人を探すには、どうすればよいのか。先ず見るポイントは以下です。

  • 久々に求人を出す企業
  • 営業所や支部を新しく作った企業

ブラック企業の問題は劣悪な環境で人員が定着しないことです。

そのため、久々に求人を出す企業であれば「業務拡大で人員が新たに必要になった」「定着していた久々に人員が退職した」のいずれかの理由になり、ブラック企業を避けることができます。

また営業所や支部を新しく作るということは、会社自体の業績がよく勢いのっているということ。良い賞与や良い待遇が期待できるかもしれません。

ハローワークでホワイト求人を探す:その②

上記2点のポイントでスキャンしたらば、次は求人項目の見方です。

先ず、見るべき個所は「年間休日」「完全週休二日」の2つです。

年間の休日が’120日以上あれば問題ないでしょう。土日祝日の休み、大型連休などカレンダー通りの休みを食えると120日以上になるからです。

次は、みんな大好き給料の欄。賞与があるかないかです。賞与があり2ヵ月以上と書いていれば、とりあえずはOKでしょう。もちろん、それ以上あればもっと良いです。

次は会社のホームページを見て以下のポイントで確認します。

1.幹部の名前⇒同じ苗字がある場合は身内の家族経営なので避けるべきです
2.主な取引先⇒大企業であれば財政は安定しているという可能性が高いです
3.取扱い商品⇒参入障壁が高く特許などを取っている場合は好印象です

最も判断しにくいのが、働いている人の雰囲気です。こればかりは実際に面接に行かないと分からないです。実際に訪れてみて、従業員の表情を観察しないと分かりません。

社長だけやたらと元気な会社も頂けないですね。ワンマンな会社かもしれないです。

可能であれば終業時間あたりに、実際に会社が入っているビルまで行ってみると良いかも知れません。真夜中まで明かりがついている会社はもちろんアウト。

などなど、求人票には情報なくても、様々な観点から企業を分析・調査して吟味すると、ハローワークでも上手にホワイト企業を見つけることができるかもしれません。

ハローワークはやはりブラック求人も多い?

ハローワークにもホワイト案件は存在しますが、やはりブラック案件の方が多いです。

たとえば、ハローワークの求人項目に記載の「残業なし」「勤務時間は固定」という情報を信じ込んで面接に行った人が、先ず面接が始まって言われたことが「残業できる?」だった、なんて例も聞きます。

その人は結局ハローワークにその事をレポートしたそうですが「そんな事はよくあることだ」とあしらわれてしまったそうです。

ライバルは強いですが、ホワイト企業に就職したければ、最終的には転職サイトや転職エージェントを利用した方が良いのかもしれません。

転職エージェントをならハロワのように嘘の求人が掲載されている可能性も低いですし、コンサルもプロとして必死にアドバイスしてくれます

転職エージェントなら大手を利用すべし

転職エージェントと言っても、数え切れないほどあって、どこを利用すれば良いのか悩みますよね。私は、とりあえず業界トップの2社を検討することをオススメします。

リクルートエージェント

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

リクルートエージェント公式サイト

DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する日本最大級のエージェントサービス。ドゥーダの他にも、インテリジェンスは様々な業種に特化した転職サイトやアルバイト・パートの求人情報an、女性向けの求人情報salidaなど求職者のニーズに合わせた幅広い人材紹介サービスを展開している。

DODA(デューダ)公式サイト

リクルートエージェントもデューダも保有する求人数は全国で10万件前後。第二新卒から幅広い年齢層までの転職に対応しています。大手の関連会社など安定した求人を多数かかえています。

紹介料がそれなりに掛かってくる大手2社に広告を出せる企業は、それなりに財政も安定しています。もちろん審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

また、それだけ紹介料を出しているということは、それだけ投資して本気で良い人材を探しているということ。

就職すれば手厚い待遇、長期的なキャリアを見据えて向かい入れてくれるところも少なくないいです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップみ見込めます。

一方、職業安定所(ハローワーク)は広告コストが無料なので、できるだけ安く人材を使い捨てるつもりで利用しているブラック企業も少なくないです。

求人誌も、大手の転職エージェントに比べて広告費用が安いので、低品質な求人が多いです。

大手の転職エージェントでは、そういった質の悪い求人が少なく優良案件が多いので、安心して利用できます。

案件数が豊富で、エージェントも厳選してくれるので、自分の意向を伝えれば、納得のいく求人が見つかる可能性が高まります。

転職エージェント2社登録するのがオススメ

大手転職エージェントに登録すれば安心とはいえ、転職エージェントのカウンセラーも人間です!

大手といっても担当者の性格はそれぞれ。よい担当者に当たることもあれば、イマイチな人に当たることもあるでしょう。

万一イマイチな担当者に当たったら、別のエージェントに当たってみるのもよいです。

大手の転職エージェントは、その道のプロですが全ての転職エージェント担当者が、あなたに合うとは限りません。

ダメなものはダメだと割り切って、別エージェントに乗り換える思い切りも時には必要。大切な事は、上手にサービスを利用することです。

私も大手二社に登録していた際に、一方の動きが早くもう一方はレスポンスが遅かったので、親身に素早い対応をしてくれる一方に絞った経験があります。

担当者によっては逆も然りでしょう。そのため、大手二社に登録して、自分にとって使いやすそうな一方に絞る使い方をするのがベストです。

リクルートエージェントとDODAに登録するには、公式サイトに行って情報を入力するだけ。

リクルートエージェント登録ページ
DODA(デューダ)登録ページ

その後は放置してても向こうからメールなり電話なりで連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

そして、カウンセリングをしてどんな職種に興味があるのか伝えて後日、意向に合わせた求人のオファーがメールなどで送られてきます。

一旦登録をしてカウンセリングを受けてしまえば、自動的に求人情報が送られてくるので、求人を探して応募する手間が省けます。

登録と利用は最初から最後まで完全無料なので、転職を本気で考えているのであれば2社に登録しておくと良いです。

給料は『働く場所』に左右される

この社会には主体性なく、ブラック企業に勤めながら、

「頑張ってるのに、なぜ給料上がらない」
「俺は能力があるからもっと給料をもらうべきだ」

なんて事を言う人がいますが、そういう人は行動もせずに文句だけ言うバカタレです。今スクリーンの前にいる貴方も、このような言動をした事があるのなら赤信号ですよ!

しかし、たとえ今給料がやすく満足していなくても悲観しないでください。

なぜなら元人事の私から言わせれば、給料というものは8割が『労働者がいる場所』に左右されるからです。

極端な例になりますが、マクドナルドのビッグマックのみの価格は、世界で最も高い国はスイスで、その額なんと約700円。一方でロシアでは200円以下で。

スターバックスのラテ(グランデサイズ)の価格も、最も高い国はスイスで750円。一方でブラジルなら何と150円程度で買えます。

こういった物の価格のように、あなたの給料も「貴方の能力」より「貴方のいる場所(業界や地域)」に依存する割合の方が遥かに高いのです!

なので、少しでも給料や待遇に不満があるなら、文句を言う前に一歩踏み出してみる事をオススメします。登録は5分程度で完了、利用は最初から最後まで完全無料です。

リクルートエージェント公式サイト
DODA(デューダ)公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました