ハローワーク(職業安定所)にもホワイト求人がある?ハローワークでホワイト企業を探す方法!

転職
この記事は約8分で読めます。

ハローワークは、国が運営する国内最大の転職紹介施設です。

なので転職を考える人は「先ずはハローワークで」と考える人が多いのです。

とはいえ、ハローワークは求人数が膨大。

どんな風に良い求人をハロワで探せば良いのだろう?

と思う人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ハローワークでホワイト求人検索方法を紹介します。

ハローワークと転職サイトの違い

転職を考えるとき、ハロワの他に転職サイトの利用を考える人もいます。

転職サイトとは、登録者が自由に求人検索したり応募したりできるウェブサービス。代表的なのはリクナビNEXTやミイダスなどです。

転職サイトは便利ですが、利用者には転職経験者も多く、意欲が高い人も多いです。求人コストも掛かってるので、面接官も慎重になり高望みするかも。

しかしハロワなら求人コストが掛かってないため、企業も高望みせず、採用までのハードルが低い特徴があります。

ハローワークと転職サイト、両社の違いをザックリ比較すると、こんな感じになります。

ハロワーク
・ライバルが弱い⇒自分が引き立つ
・求人広告無料⇒企業は高望みしない

大手転職サイト
・ライバル強い⇒自分が埋もれる
・求人広告優良⇒企業は高望みをする

自分の立ち位置を考え、ハロワにするか転職サイトにするか検討しましょう。

ハローワークにホワイト求人が先に載る

あなた自身がホワイト企業人事である、と想像してみてください。

ホワイト企業人事の貴方が、人員穴埋めのため求人を出すオプションは以下です。

  • 自社サイト:掲載は無料
  • 大手転職サイト:掲載は有料
  • ハローワーク:掲載は無料

あなたなら先ずどこに掲載しますか?

自社サイトに載せて人が来れば良いですが、影響力の大きい大企業でないと難しいです。

そこで「先ずは無料のハロワに載せてみようかな?」と思うはずです。

そしてハロワに一定期間のせても反応がない、採用できる人がいない、となった場合、初めて有料で転職サイトに載せます。

つまり、ハロワには大手転職サイトより優良求人が早く載るんです!

とはいえ、ハロワは採用コストを抑えたい企業が頻繁に利用しており、そういった会社の求人票の内容だけが充実します。

つまり、ハロワ慣れしてない企業が求人を載せても、目立たない可能性が高いんです。

結果ハロワでの求職者は、財政的余裕のない企業ばかりに応募し、ホワイト企業には目が留まらない。人材が見つからないホワイト企業は転職サイトに切り替える、という傾向が出てきます。

これらを踏まえ、ハロワでホワイト求人を探すには、どうすればよいのか。

先ず見るポイントは以下です。

  • 久々に求人を出す企業
  • 営業所や支部を新しく作った企業

久々に求人を出す企業は「業務拡大で人員が新たに必要になった」「定着してた人員が退職した」のいずれかの理由です。

また営業所や支部を新しく作るということは、会社の業績がよく勢いのっている証拠。賞与や厚待遇が期待できるかもしれません。

次は求人項目の見方です。先ず、見るべき個所は「年間休日」「完全週休二日」の2つです。

年間休日が’120日以上あれば問題ないです。土日祝日の休み、大型連休やカレンダー休みを加えると120日以上になるので。

次は、みんな大好き給料の欄。賞与があるかないかです。賞与が2ヵ月以上と書いてれば、とりあえずOK。当然それ以上なら、もっと良いです。

次は会社のHPを見て以下のポイントで確認します。

1.幹部の名前⇒同じ苗字があれば身内・家族経営の可能性あり(-)
2.主な取引先⇒大企業であれば財政は安定しているかも(+)
3.取扱い商品⇒参入障壁が高く特許などを取っている場合はグッド(+)

最も大切だけど判断しにくいのが、働いている人の雰囲気です。こればっかりは、実際に面接に行かないと確認できません。

実際に訪れる機会があるなら、従業員の表情を観察しましょう。

社長だけ元気な会社も頂けないです、ワンマン会社の可能性が高し。

可能なら終業時間あたりに、実際に会社が入っているビルに行ってみると良いかも。真夜中まで明かりがついてれば当然アウトです。

このように、求人票には情報なくても、様々な観点から企業を分析・調査して吟味すれば、ハロワでもホワイト企業を見つける事ができるんです。

ハローワーク以外の仕事の探し方

ハロワ以外に、転職エージェントを使った仕事探しもオススメです。

転職エージェントは、求人募集企業と求職者のマッチングしているサービス。登録すると、プロの担当者が、求人情報紹介やアドバイス、面接サポートなどしてくれます。

優良な求人を厳選してくれてるので、転職エージェントは人気です。

かつては大卒の中でも優秀な人たちのためのサービスでしたが、最近は学歴・職歴がパッとしなくても利用しやすくなってます。

転職エージェントは数えきれない程ありますが、どこに登録しようか迷ったら、業界最大手かハイクラス向けエージェントを検討しましょう。

転職エージェントは、求職者に内定が出たら成功報酬がもらえるビジネスモデル。そのため中途半端なエージェントを利用したら、下降転職させられる恐れがあるからです。

以下の業界最大手とハイクラス向けエージェントなら間違いないです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで、とにかく案件数が豊富です。コンサルタントもスピーディーで一流な粒ぞろいで、大企業との契約数が最も多いです。

フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェント。
創業以来、約35万人の転職を実現してきた業界のトップ。総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス向け転職エージェントです。大手企業や外資系の案件が多く、登録へのハードルは高いですが、高年収が望めるエージェントです。

JACリクルートメントは、日本で30年近くの歴史を持つ転職エージェント。
豊富な支援実施気にもとづく転職ノウハウでサポートする転職支援のプロフェッショナルです。
マネジメント・専門職の転職支援に強く、業界・職種別コンサルタントがサポートします。

リクルートとJACどちらに登録すべき?

紹介料が掛かってくるリクルートやJACに広告を出せる企業は財政も安定しています。審査もあるので、中途半端な企業が大手2社を利用している事は稀です。

それだけ紹介料を出せるという事は、投資して良い人材を探しているということ。就職すれば手厚い待遇、長期キャリアを見据えて迎え入れてくれる会社も多いです。

当然「即戦力が欲しい」という会社もありますので、交渉すれば年収アップも見込めます。

しかし、リクルートとJACの、どちらに登録すれば良いのでしょうか?

リクルートは業界最大の規模で案件数が豊富なので、誰にとってもオススメできる転職エージェントです。

登録も、公式サイトに行って情報を入力するだけで、放置してても向こうからメールなり電話なり連絡がきます。そして面談日を決めて来社、という流れが一般的です。

その後カウンセリングで職種に興味があるのか伝えると、後日意向に合わせた求人のオファーがメールで送られてきます。

JACも登録方法は同じですがハイクラス特化エージェントであるため、キャリアがないと登録を断られる可能性があります。

ハードル高めですが、仕事が紹介可と判断されれば、上昇転職で給与アップが臨めます。

つまりリクルートは全ての人に、JACはハイキャリアの人にオススメと言えます。

登録はこちら(リクルート)
登録はこちら(JAC)

登録と利用は無料なので、複数登録で金銭的負担が増えることはありません。

給料は『働く場所』に左右される

この社会には主体性なく、ブラック企業に勤めながら、

頑張ってるのに、なんで給料上がらないの?

俺は能力があるから、もっと給料をもらうべきだよ

なんて事を言う人がいますが、そういう人は行動もせずに文句だけ言うバカタレです。

今スクリーンの前にいる貴方も、このような言動をした事があるのなら赤信号ですよ!

しかし、たとえ今給料がやすく満足していなくても悲観しないでください。

元人事の私から言わせれば給料というものは8割が『労働者がいる場所』に左右されるからです。

極端な例ですが、マクドのビッグマックの価格は、世界で最も高い国はスイスで、その額なんと約700円。一方でロシアでは200円以下です。

スタバのラテ(グランデサイズ)の価格も、最も高い国はスイスで750円。一方でブラジルなら、なんと150円程度です。

物の価格のように、あなたの給料も「貴方の能力」より「貴方のいる場所(業界や地域)」に依存する割合の方が遥かに高いのです!

なので、少しでも給料や待遇に不満があるなら、文句を言う前に一歩踏み出してみる事をオススメします。

登録は5分程度で完了、利用は最初から最後まで完全無料です。

リクルートエージェント公式サイト
JACリクルートメント公式サイト