【5分で読める】転職エージェントおすすめ3選!

底辺は「英語を使う仕事」に従事せよ!英語力が低くても高給を得られる英語転職の方法!

転職
この記事は約8分で読めます。

転職の理由は人により様々ですが、給料の低さに悩み転職を考える人は少なくないです。

とはいえ、どのような職業が給料アップに繋がるのか分からない人も多いですよね。そんな人は職種に関わらず、英語を使った仕事に注目しましょう。

なぜなら日本では英語を鍛える事で「できる人材アピール」してハッタリをかましつつ、給料アップに繋げる事ができるからです。

今回は、なぜ英語を使った仕事が給料アップの為に有利なのか、説明します。

給料は貴方に対する評価なのか?

一般的に給料はあなたが行なった仕事に対して支払われる報酬です。

しかし給料は仕事内容・仕事量だけで決められるわけでなく、スキル・経験に対しても支払われます。

例えば同じ年齢の人が同じ職種についても、給料に差があることは稀ではありません。

この場合、その職種に対しての経験や役立つスキルを持っているか、で給料が設定されてるということです。

ぶっちゃけ給料なんて、働く場所・業種により大きく変わることが多ですが、スキルや経験も大きく関わるということです。

そして先述の通り、できる人材アピールしやすい最もお得な能力が「英語」なんです。中でも「英会話力」が大事です。

大半の日本人の英会話力は糞ショボいですからね。

しかし日本人は真面目に英語を勉強してきた人が多いので、英会話に慣れてくるとどんどん話せるようになってきます。

給与アップの就活のために、この特性を使わない手はないです!

英語は給料アップの為の最大の武器になる

現在グローバル化を目指す企業が増えてます。外資に限らず多くの企業が、英語人材を必要としてます。「社内公用語が英語」の企業も増え、英語ができなけれ業務遂行不可の場合もあります。

一方、日本で英語ができる人は驚くほど少ない。

なので「英語が堪能」「英語力に問題なし」な人は転職に有利となるんです。英語の可否やレベルによって給料が大きく変わる事は少なくないです。

たとえば、以前に中国通信機器メーカーの華為技術(HUAWEI)日本法人が、大卒初任給に40万円以上を提示して話題となりました。

募集職種は「通信ネットワークエンジニア」「端末テストエンジニア」「端末アフターサービスエンジニア」「研究職・アルゴリズムエンジニア」の4つとのことでしたが、何れも技術力に加え、英語も必要な職種です。

つまり新卒の時点で既に、英語力が給料の良し悪しに大きく関わっている、ということです。

しかも、気づいている人も多いかもですが日本企業は本当にケチですからね。ぶっちゃけ高給を得たいなら、しっかり英語を身に着けてサンフランシスコにでも飛んだ方が早いかもです(笑)

「サンフランシスコでは年収1400万円は低所得」日経紙の記事に波紋 - ライブドアニュース
日本経済新聞(2019年12月12日付)が「年収1400万円は低所得」という記事を出し、波紋が広がっている。米住宅都市開発省の調査によると、サンフランシスコでは年収1400万円(4人家族)を低所得者に分類したが、日本

とにかく、付け焼き刃で良いので、転職活動前に英会話力を引き上げ、TOEICなどの資格を取得しておきましょう。

その為にはどうすれば良いのか?

英語力を無理やり引き上げる!

英語転職を決心したら、次の問題は、どう転職活動をするかです。

「とにかくすぐに仕事を決めたい」
「時間がかかっても納得のいく仕事を見つけたい」

という人もいるでしょうが、

「TOEICあるけど会話が自信ない」
「決心しただけで英語できないんだけど」

と思う人もいるでしょう。

英語転職となると日本人以外の面接官に英語面接される場合も少なくないです。英会話に自信がない人は定額で話し放題のオンライン英会話でも使って、ひたすら英会話の練習をしましょう。

ネイティブキャンプ

この練習はある程度まででOKですが、英語面接の場合は準備をしっかりして臨みましょう。

ネイティブキャンプではレッスン内容「フリートーク」が選べるので、オンライン講師に面接練習をお願いしましょう。

TOEICも650点程度まで取得しておいた方が良いです。ストイックに900点とか800点を目指す必要はないです。それよりも英会話の方が大切ですからね。

ネイティブキャンプでもTOEICレッスンがあるので、利用してみると良いでしょう。

付け焼き刃でも良いのでソコソコの英会話力とTOEIC点数が取得できたら、転職の準備をしましょう。

こんな風に言うと。

「なぜ付け焼き刃で良いのか?」

と思う人も多いかもしれません。

ぶっちゃけ英語や外国語は、仕事で使う事こそが上達の最大の秘訣になるからです。

これを読んでいる人も「自分の仕事に関わる専門分野は強い」という人が多いのではないでしょうか?

例えば会計士なら会計の知識、保険営業なら保険商品の知識、教師なら教える知識、営業ならセールスの知識。介護士なら介護の知識。

みんな真面目なので仕事の事となると、信じられないくらいの力を注ぎこみ、上達させようとします。たとえ残業しようが、必死に頑張り、業務を達成しようとする人が日本には多い。

この特性を英語上達に使わない手はないです。

TOEIC945点、英語業務も携わった事がある私から言わせれば、言語は「言語を勉強する」だけでは上達しません。言語を通して「何か」をする事で最も上達するのです。

そして、その「何か」は「恋愛」「仕事」など日常的に関わらざるを得ない強い動機である方が良い。

つまり、付け焼き刃で英語転職を成功させ、仕事で英語を使わざるを得ない状況に自分も持っていく事こそが、最高の英語上達法なんです。

そして、それを繰り返すことで英語力が磨かれ、サンフランシスコで年収数千万も稼げる人材にステップアップしていけるのです。

いつまでも糞ショボい仕事ばかりしていてはダメなんですよ。給料がショボいなら、さっさと英語を勉強して転職すべき。時間の無駄です。

英語転職では転職エージェントを利用しよう

英語転職と言っても、何から取り掛かればよいか分からず困りますよね。

ショボい求人しか置いてないハローワークには、まともな英語求人はないですからね。英語力がソコソコ完成したら、必ず転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントは求職者に無料で求人紹介・面接対策などをしてくれる、エージェントの事です。

料金は求人募集企業からコミッションを貰っているので、求職者は基本無料。そのうえ英語力を発揮できる求人に特化したエージェントも多くあります。

特に個人ではアプローチし辛い外資系との案件も大手転職エージェントなら大量に保有してます、様々な転職の相談にも乗ってくれ、自分の希望にあった転職先をスムーズに見つけてくれます。

転職エージェントと聞くと、高給求人案件や高学歴な人専用なイメージがあるかもしれませんが、実は学歴に関係なく、また様々な求人を扱っており、誰でも気軽に利用可能です。

お勧め転職エージェント

転職エージェントを利用したいと思っても、現在では数多くの転職エージェントがあり、どのエージェントを利用したら良いのか迷いますよね。

そこで本サイトでオススメの転職エージェント2社を紹介します。

リクルートエージェント

転職業界最大手のリクルートエージェント。20万件以上もの求人を保持しており、また大企業の求人案件も多く取り扱っていることで有名です。

大手ならではの就職希望者を対象としたセミナー開催など、転職希望者を総合的にバックアップしてくれる制度が整ってます。

実際に面接が設定された後にも、その会社の傾向と対策を個別に教えてくれたり、面接対策を立ててくれるなど、サポート体制も充実しています。

英語力を必要とする求人も数多く取り扱っており、担当者との面接時にその旨を伝えておけば、英語求人を優先的に紹介してくれます。

リクルートエージェント公式サイト

パソナキャリア

業界第2位レベルの転職エージェント。リクルートに次ぐ業界2位は多数ありますが、歴史が長くコンサルタントが親切との定評があるのがパソナキャリア。

地方企業や優良な中小企業などの求人も多く扱っており、Uターン就職希望者や中小企業で自分の実力を実感したいという人にも向いています。

リクルートエージェント同様、セミナー開催や個別の面接対策などサポート体制も充実しており、その求人数の多さから英語力を必要とした求人も多く扱っています。

パソナキャリア公式サイト

給料は結局は『働く場所』に左右される

この社会には主体性なく、ブラック企業に勤めながら、

「頑張ってるのに、なぜ給料上がらない」
「俺は能力があるからもっと給料をもらうべきだ」

なんて事を言う人がいますが、そういう人は行動もせずに文句だけ言うバカタレです。今スクリーンの前にいる貴方も、このような言動をした事があるのなら赤信号ですよ!

しかし、たとえ今給料がやすく満足していなくても悲観しないでください。

なぜなら元人事の私から言わせれば、給料というものは8割が『労働者がいる場所』に左右されるからです。

たしかに給料はスキルや仕事量でも上下し、なかでも「英会話力」は人生逆転も可能な諸刃の剣とも言えます。しかし、ぶっちゃけ給料は、貴方のいる場所に左右される割合の方が遥かに高い。

極端な例になりますが、マクドナルドのビッグマックのみの価格は、世界で最も高い国はスイスで、その額なんと約700円。一方でロシアでは200円以下で。

スターバックスのラテ(グランデサイズ)の価格も、最も高い国はスイスで750円。一方でブラジルなら何と150円程度で買えます。

こういった物の価格のように、あなたの給料も「貴方の能力」より「貴方のいる場所(業界や地域)」に依存する割合の方が遥かに高いのです!

なので、少しでも給料や待遇に不満があるなら、文句を言う前に一歩踏み出してみる事をオススメします。登録は5分程度で完了、利用は最初から最後まで完全無料です。

リクルートエージェント公式サイト
パソナキャリア公式サイト

最初は辛くても仕事で英語を使いなれる事ができれば一気に飛躍が可能となります。

タイトルとURLをコピーしました