【5分で読める】転職エージェントおすすめ3選!

退職代行サービスとは?退職代行が広まる理由・特徴・メリット・デメリットなどを徹底解説!

退職代行
この記事は約7分で読めます。

退職代行サービスって具体的にどんなサービス?最近よく聞くけど何故いきなり広まったんだろ?本当にすぐに辞められるの?一体どんなメリットやデメリットがあるんだろ?

このような疑問に答えます。

退職代行は、会社を辞めたい人の代わりに退職意思を伝えるサービスです。

このサービスは2018年夏ごろから話題になり業者が急増。今では数え切れない程の業者があります。

「辞表を受け取ってもらえない」
「会社に行きたくないけど言い出せない」
「退職の意思を伝えたのに辞めさせてもらえない」

こんな風に思ったこと、今までないですか?

会社で働いている人は、退職意思があれば何時でも辞められると法律で決められてます。法律では労働者には退職の自由が保障されているんです。

しかし、従業員に必要以上の忠誠心を求め、いきなり退職しようとすると「責任感がない」「社会人として有り得ない」などと引き留めてくる会社も多い。

そこで第3者として割って入り、スムーズな退職へ導くのが退職代行業者の役目です。

退職代行が流行った理由

退職は働いている本人から申し出るのが当たり前です。しかし、世の中には退職したくても叶わない人が沢山います。

・恐怖心から辞めると言い出せない人
・退職しようとすると引き留めに遭う人
・鬱により自分で退職意思を伝えられない人

従業員をこういう状況下におく会社のブラック化が、退職代行を流行らせたと言えます。

しかし、退職代行サービスは数年前からあったのですが、なぜ近年になって急激に話題になり始めたのか。

これについては、ある退職代行を利用した人のツイートが注目を集め、退職代行が爆発的に流行り始めたと言われています。

「退職代行サービス」で無事?退職できたアカウントの話
まとめました。 更新日:7月13日16時36分

ブラック飲食店で働くツイッターユーザの「超魔進あすてあ」さんは、詐欺覚悟で退職代行サービスを以下の流れで利用しました。

最短で実行してもらえる時間の確認。

退職代行サービス費用の振り込み。

退職代行の実施・完了という流れです。


退職代行EXITについては下記リンクを確認ください。

退職代行EXIT(イグジット)のリアルな評判・口コミ・体験談を紹介!
退職代行EXITをネットでよく目にするけど、実際のところどんなサービスなの?料金はいくら?実際に連絡すれば退職できるの?キャッシュバックあると聞いたけど本当? このような疑問に答えます。 「退職代行サービス」とかいう究極...

それまでは退職代行について「詐欺じゃないのか?」「お金振り込んでもトンズラされるじゃないか?」と思っていた人たちが、このツイートにとってサービスは本物であると思い知らされたと言えます。

退職代行サービスの特徴

このように、仕事を辞めたくても辞めさせてもらえない人にとっては、神のようなサービスである退職代行ですが、リスクもあります。

退職に伴う退職金や有給の交渉を、弁護士でないものが行うと、非弁行為になります。非弁行為とは、弁護士ではない者が報酬をもらう目的で仲裁・和解などの法律事務を行うこと。

そのため弁護士事務所が退職代行サービスを提供している場合もありますが、その場合は少し高額になります。

「通常の退職代行」と「弁護士事務所の退職代行」の料金を比較すると、以下のようになります。

業者 サービス料金
退職代行専門業者/電話代行業者 30,000~50,000円
弁護士事務所 着手金50,000~70,000円+成功報酬の数十パーセント+雑費

とはいえ通常の退職代行業者でも大手であれば、弁護士を提携していたり、退職代行を行うものは行政書士だったりします。

そのため、普通に円満退職したいだけであれば、弁護士事務所に依頼するまでもないケースがほとんどです。

退職代行サービスのメリット

退職代行には以下のようなメリットがあります。

  1. 退職を直接伝える必要がない
  2. 上司や同僚に顔を合わせる必要がない
  3. 有給休暇をとって辞められる
  4. 即日退職できる可能性もある

1.退職を直接伝える必要がない

退職を直接伝えるとなると、退職理由を考えないといけないし、引き留められる可能性がもあります。また高圧的な上司だったり、上司が忙しかったりすると言いにくいですよね。

しかし退職代行を利用することで、利用者のみでなく、退職処理する人事の側も、スムーズに手続きを進めることができます。退職の効率化は決して悪いものではありません。

2.上司や同僚に顔を合わせる必要がない

退職するとなると、どうしても上司や同僚の耳に退職の旨が伝わります。その結果、嫌いな上司や同僚に退職することが伝わったり、嫌みを言われることだってあるかもしれません。

しかし、退職代行を利用すれば、そういった嫌いな上司や同僚に顔を合わせる必要もないのえ、嫌みを言われたりするリスクもなくなります。

3.有給休暇をとって辞められる

退職代行をしてまで辞めたいブラック企業であれば、有給は実質ないようなもの、という場合も多いのではないでしょうか。「なんで有給とるの?」「有給とるなんて仕事なめてるの?」なんて言う上司がいるかもしれませんよね。

しかし、有給休暇は立派な権利です。本来であれば理由なんて言わなくても「休みたい」と言えば簡単にとれるもの。退職代行を利用することで、有給を取得したのちに辞めるよう交渉してもらう事が可能になります。

4.即日退職できる可能性もある

民法上のルールでは、退職の2週間前に退職を申し入れ中ればならない、とされています。しかし有給が2週間分残っていたり、業者に交渉を依頼することで、即日退職できる可能性もあります。

会社としても、辞める人に2週間来てもらっても、あまりメリットがないたね、即日退職になるパターンも多いです。

退職代行サービスのデメリット

退職代行には以下のようなデメリットもあります。

  1. お金が掛かる
  2. 退職代行の評判がよくない
  3. 元上司や元同僚に会いにくくなる
  4. 業者に騙される可能性もある

1.お金が掛かる

退職代行サービスを利用するのにはお金が掛かります。業者にもよりますが、費用は3~5万円です。毎月かつかつのその日暮らしの人にとっては、すこし痛い出費ですよね。業者によってはオプション料が取られるところもあります。

退職代行をリーゾナブルな価格で利用するには、退職代行の業者選びが大切です。当サイトでは、オプション料が取られないお得な業者も紹介しているので、参考にしてみて下さい。

2.退職代行の評判がよくない

退職代行は、世間ではまだ認知度が低く、サービスを利用したとなると「退職意思ぐらい自分で伝えろよ」と思われる事があるかもしれません。また辞めたあとも、退職代行を利用した人のレッテルを貼られ、陰口をたたけれるかもしれません。

そんな事で陰口をたたく人ような上司や同僚がいる会社なんて辞めた方が無難だという考え方もできますが、こればかりは個人の考え方に寄るところが多いでしょう。

3.元上司や元同僚に会いにくくなる

後味の悪い辞め方をすると、その後会社の上司や同僚に会うのも気まずくなるもの。退職代行サービスを使うと、尚更そういった気持ちになるかもしれません。

そのため退職代行を利用したのち、もし元上司や元同僚に会ったら、非常に気まずい気持ちになる事は間違いないでしょう。退職代行は利用者が急増していますが、まだ世間的には「退職ぐらい自分で意思を伝えろ」という風潮があります。

4.業者に騙される可能性もある

退職代行ブームに伴って業者も増えてきているので、退職代行に騙されるリスクは随分と低くなりました。とはいえ利用に思わぬオプション料金が掛かったり、ひどい場合だと振り込みを行ったあと何の対応をしてくれない、という業者もない訳ではないです。

くどいですが、退職代行を上手に使うためには、何よりも退職代行業者選びが肝要という事になります。

退職代行は利用すべきか?

退職代行はあくせく働く多くの人の「簡単に仕事を辞めたい」という願望を体現したサービスと言えます。

3~5万円で専門業者が勤務先に対して意思を伝えてくれる上に、面倒な事務処理もサポートしてくれるので便利です。

しかし、そもそも日本の労働者には退職の自由が認められているので、先ずは自分で退職を伝える努力をしてみて、それでも無理な場合は利用を検討してみると良いでしょう。

極端なブラック企業や上司によるパワハラ・いじめ・セクハラ・モラハラなどで状態になってしまった人は、必須のサービスです。

【比較表あり】退職代行業者おすすめ5選!誰でも即日退職できる理由とオススメの退職代行業者を紹介!
数万円で即日満退職させてくれる退職代行サービスを知ってますか? 小さい頃から「人に迷惑をかけてはダメ!」と教わった日本人は非常に真面目です。 普通は退職するような状況でも、日本では「周りの人に迷惑をかけるから退職できない、言い出せない」という人が多いです。 特にブラックが多い建設・介護・飲食などの業界では、 「会社に行きたくないけど言い出しにくい!」 「辛過ぎるが会社を辞めさせてもらえない!」 「いっそのこと会社が潰れてくれないかな?」 とさえ思っている人も多いのではないでしょうか?。 しかし退職代行サービスならば、電話もかけなくても即日円満退社が可能です。有給消化のみならず、社宅の場合は退去日まで確認までしてくれます。 IDや保険証などの返却物は郵送すればOK、離職票など雇用保険の手続きに必要な書類は会社から郵送してもらえます。 そのため、実際に「もう嫌だ仕事に行きたくない!」と思っても、バックレる必要なく金で円満に退職できるのです。 今回は「退職代行サービスが話題となった切っ掛け」「人気の退職代行サービス業者」を紹介します。
退職代行サービス利用のリスクと違法性!失敗を防ぐための方法を解説!
お金を振り込むだけで億劫な退職意思の告白を代行してくれる「退職代行サービス」が最近流行っています。 自分から退職を申し出ると「頼むから辞めないでくれ」「お前には期待している」「他社はもっと厳しいよ」などと説得されたり、酷いブラック企業では辞表を受け取ってくれなかったり等あります。 そこで第3者が割って入り、退職希望者の意思を伝えることで、スムーズな退職をサポートする「退職代行サービス」は、画期的なサービスと言えます。 しかし、このような退職代行サービスの利用には違法性もあり、リスクも孕んでいることをご存知でしょうか。
タイトルとURLをコピーしました